ブログ

脱着型VS一体型の膣

膣はラブドールのもう一つのカスタマイズできるパーツです。まず、大きく分けて2つの膣タイプがあり、一つ目は脱着型と言われる分離型です。もう一つは一体型と言われる内蔵型です。両方はメリットとデメリットがあり、自分の状況に合わせて選びましょう。

脱着型(取り外し可能)

メリット

  • オナホールはラブドールから取り外して洗浄できます。
  • 自身のペニスのサイズに適する膣のサイズが選べます。
  • 洗浄した後乾燥を待たずに、2つ目のオナホールを装着して使えます。
  • 交換できます。
  • 見た目は一体型と同じです。

デメリット

  • オナホールは大量のベビーパウダーを使用しないといけません。表面がベタつきになっているので、そのまま装着するとラブドールと強力な摩擦が発生し、ドールが傷んでしまう可能性があります。
  • 内側の触感はあまりリアルに感じません。
  • オナホの長さが足りないと、中でもっと奥にずれる場合があります。

一体型(永久)

メリット

  • 見た目はより現実的です。
  • 中を触ってみるとよりリアルなタッチを持っています (内部の「チャンバー」は両方同じです)
  • 完全に立っていない方でも使いやすいです。
  • 脚の開け具合で膣の締め具合がコントロールできます。
  • 容器やバケツの上にラブドールを置いて洗うことができます。
  • シャワーホースを使ってラブドールと一緒にシャワーで洗浄できます。

デメリット

  • ラブドールは重いですので、シャワーホースまたは膣洗浄器での洗浄は面倒くさいです。
  • 転売する時に、気になる人が多いのでなかなか売れません。

*一体型/脱着型の違いを写真でご覧になりたい場合は、ここをクリックしてください: ラブドールの膣、肛門、口はどのように見えますか?

以上、ラブドールの一体型と脱着型の膣の紹介でした。個人の好みと使用感によって選べば間違いありません!

Share this post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です