ブログ

ラブドールはどうやって作られているの?

リアルな質感と見た目から人気になっているラブドール。そのクオリティの高さに驚いた人は多いと思います。そこで、ラブドールはどうやって作られているか、その高品質の秘密を探って行きます。

1.ラブドールの誕生はいつ?

初めてラブドールが誕生したのは、17世紀です。当時、船で航海をしていたオランダの兵士達は女性がいない生活が長く続いていて、性的欲求が解消できずに困っていました。そして、女性型の人形を作ろうと考えて船内で制作を始めます。程なくして完成した女性型の人形のおかげで、オランダの兵士達の性的欲求は見事に解消されて順調な航海を続けます。航海の途中、オランダの兵士達は日本に立ち寄りこの女性型の人形を数体売り渡しました。この女性型の人形の事をオランダの妻という意味の「ダッチワイフ」と呼び、人気が出ました。以降、世界各国でラブドールの開発が進んでいき、現在のような人間に近いラブドールが誕生していきます。

2.ラブドールの制作工程

リアルな質感が楽しめるラブドール、一体どうやって作られているのか気になります。ラブドールの制作工程は、以下のようになっていました。

・型の制作
まずは、ラブドールの大きさや体型を決める型作りです。この型の良し悪しが、ラブドールの美貌・リアルさに直結すると言っても良いでしょう。いかに美しく、魅力的な女性に見えるかが重要になってきます。

・骨格の制作
ラブドールは、マネキンと違いポーズを取ったり姿勢を変える事も可能です。そのためには、型とは別に人間と同様の関節や骨格が必要です。骨格には人間と同様、相当の強度が求められるので、合金等を材料にしています。

・型と骨格を合わせる
型と骨格が完成したら、次はお互いの位置を合わせます。ここでお互いの寸法や位置に誤差があると、動かなくなったり形が崩れたりと、大きく品質を落とす事に。この作業には特に慎重さと時間が必要です。

・TPE材料を流し込む
型と骨格が決まったら、いよいよ肌の部分を作るためにTPE材料を流し込みます。TPE材料は流し込む時は高温になっているので、型の中で冷却させて形が決まるまで数時間かかります。冷却が終わったら型を外し、ラブドールの体の部分の出来上がりです。

・仕上げ
型から出てきた状態のラブドールは、まだまだ表面の質感が荒く商品にはなりません。最後に全身の凹凸を全て除去したり、別で作っていた頭を取り付けてメイクやネイルを施したりと仕上げをします。これで、ラブドールの完成です。

3.ラブドールの未来

現状のラブドールのクオリティも素晴らしいですが、これからのラブドールには人工知能が埋め込まれるのではないかと予想されています。ラブドールに人工知能が埋め込まれれば会話をする事もできるし、セックス中に体位を変えて貰ったり次のプレイを指示したりもできます。ここまで来ると、もう人間との違いが分からなくなってきますね。人間がロボットとセックスをする日は、もうそこまで来ているのかもしれません。

ラブドールが初めて誕生したのは、17世紀でした。当時、オランダ兵が船で日本を訪れた際に売却した人形が、ダッチワイフと呼ばれ話題になります。現在の高品質なラブドールの作り方は、型と骨格をそれぞれ制作し、それを合わせた物にTPE材料を流し込んで仕上げます。この作り方のおかげで、ラブドールはポーズを取ったり姿勢を変えられるようになりました。 Mailovedollは高品質のリアルラブドールを販売しています。

そして、これからのラブドールには人工知能が埋め込まれると予想されています。
会話ができてセックス中も自分の指示で動いてくれるラブドールは、もう人間と変わりない存在になるでしょう。人間がロボットとセックスをする日も、そう遠くないのかもしれません。

Share this post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です