ブログ

『世界のラブドール工場:中国!?』 その理由を大胆に考えてみた!

なぜ、ラブドールが中国で急速に発展して、「世界の工場」の地位を得るまでになったのか?

それは、中国人も日本人のようにドエロでド変態!金儲けが大好きで、リスクを恐れずに、バカみたいに挑戦をする。

失敗も山ほどするけど、深く考えずに、超速ですぐ対策をする。

結果、最終的には良い製品、なかには素晴らしく芸術的なラブドールまで作ってしまった。。。

以上が、実際にわたしが中国で見聞して考え、たどり着いた結論です。

(もちろん、他にもこまかい要因があるかとは思いますが。)

【中国人は日本アダルト文化を愛している!】

みなさん、知っていますでしょうか?

中国人男性の多くが、日本のAV動画を見て育っています。

中国人女性でも、中国訛りの日本語で「イテイテ、ヤメテ!モットシテ!」(痛い痛い止めて!もっとして〜。)

というようなエッチなフレーズを言える子にも度々お会いしてきました。

日本が世界に誇るアダルト業界、日本人のエッチでセクシーなAV女優たちを、中国人はめちゃくちゃ詳しく知っています。

悔しいですが、わたしの中国人の友人たちはみんな私よりも詳しいです。

そんな中国人が、どのように世界のラブドール業界でトップの地位を築くまでに至ったかを、少し細かく考えてみましたのでご興味のある方は読んでみてください。

【中国ラブドール業界の発展経緯】

まず、世界で初めてリアルドールを開発したのは中国ではありません。

中国はラブドール業界では後発組でした。

TPE・シリコン製のリアルラブドールは、アメリカやヨーロッパ、日本やロシアなどの欧米アジア諸国で小規模的に開発されて、ニッチ産業として小規模に流通していました。

特にアメリカでは、アダルトグッズ市場の規模が大きいのでより早く発展しましたが、次第に急速に経済発展していた中国人のエッチな事業家たちが目をつけて、見よう見まねでラブドール作りを始めました。

それが今では、多くの欧米老舗ラブドールメーカーが品質で中国に追いつかれれる、もしくは追い越されるケースが起きてしまいました。

一部の欧米トップメーカーは、高価格帯を強化して生き残りに必死です。

それ以外の小中規模メーカーは、生産技術ライセンスを中国へ販売することによって、継続的に利益を得る道を選んだのです。

なので、欧米の技術を手にした中国メーカーが鰻のぼりに増加し、品質が格段に向上したのです。

【世界のラブドール工場に俺はなる!】

そして、中国は圧倒的なスピードで『世界のラブドール工場』としての地位を掴みました。

中国がラブドール業界のトップの地位を築いた理由は、中国が『世界の工場』になった要因と大体おなじだと思います。

  • 安価な労働力(農村部からくる若い手先の器用な女性が多い。)
  • 安価な土地と資材(郊外に大規模な工場が、他国と比べて簡単に建てれる。)
  • 大規模工場での大量生産
  • 海外メーカーからの生産ライセンス購入 → 品質の向上

ほかにも細かい要因はあるかとは思いますが、これらの主要因によって、中国に多くのラブドールメーカーが誕生して発展したのです。

【中国ラブドールの今後?】

今後も、中国がラブドール業界を牽引していくと私は予測しています。

それは、中国では最新テクノロジーの導入が極めて速いからです。

日本の何倍も速いです!速すぎます!

なぜなら深く考えずに、まず行動してしまうからです。

失敗は日常茶飯事ですが、あまり気にしません!

対策も超激早で行いますので、どんどんプロジェクトが進んでいきます。

(この点に関しては唯一、日本も見習うべきだと思います。)

ご存知かとは思いますが、キャッシュレス化は農村部の老人まで浸透していて、現金が使えない店も多くあるほど。

AI技術も、人民管理強化のために急速に導入されていて、技術進歩も目を見張ります。

ラブドールも今後は、AI・5G・ロボットなどの先端技術がどんどん導入されて、全く新しいリアルラブドールが誕生していくと思います。

凄まじい速さでの中国の新技術への取り組みは、日本人の目からすると正直、危険極まりないです。。。

無謀で浅はか(簡単に言うとバカ)に見えます。

ですが、それがIT技術が巡るましく発展加速しているIT時代で、中国人の最大の強みになっています。

中国では頻繁に、「これアホ?」馬鹿?と思えるような製品が物凄く誕生しています。

でも、その中からスゴイ発明も、少量ですが生まれています。

そういった製品が中国国内でさらに模倣コピーされて、更に改良される製品も現れては、もの凄い速さで世界へ拡散されていくのです。

こういった流れで、今後も中国のラブドール産業トップの地位は、そう簡単には失われないと思います。

中国ラブドールメーカーのオーナーさん達と話をしていても、みんな根拠の不明な自信に溢れていて、「新しくて革命的で素晴らしい製品をこれからも、もっと作るアルヨ!」と言っていました。

今後も、個人的にですが中国ラブドールに期待しています。

中国では、今後も5G・AI・ロボットなどの最先端技術が合わさった、とんでもなくリアルで官能的なラブドールがたくさん誕生していくと思われますので、楽しみでしょうがないです!

Share this post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

添付写真の最大容量: 50 MB. image, otherの写真添付可能.. レビュー内容のYouTube、Facebook、Twitter などのリンクは自動的に変えます。 Drop file here