ブログ

ラブドール題材の映画

ラブドールは私的でものであるが、だんだん普遍的な存在になり、各国の監督に映画やテレビの題材にされることも多いです。日本のラブドール関連作品の中で有名なのは、2009年に是枝裕和監督、ペ・ドゥナ主演の「空気人形」です。

古いアパートに住んでいる秀雄は、「のぞみ」というインフレータブルのラブドールを持っています。思想がなくて、かわいいのぞみは秀雄の唯一の伴侶です。彼はレストランで働き、毎日家に帰って二人分の食事を用意して、寝る前にぞみと一緒にシャワーを浴びます。そして、この伴侶とよく話しながら星空を見ています。生理的と精神的な需要はすべてのぞみから満足します。

ある雨の日の朝、そばのぞみというドールが突然目を覚めて、ゆっくり立ち上がって、彼女は窓へ行き、手を伸ばし、軒下から落ちてくる水滴を受け止めて、「綺麗です。」と言いました。メイド服を着たのぞみは古いアパートから出かけて、その小都市で様々な人に出会い、多種多様の物事を受け取って、ラブドールの奇抜な設定を利用して、多様な「人間関係」を表現しています。

のぞみが思想を持った後、彼女はこの浮世を漫歩し、悲喜離合を経験してから、世の中で彼女のような心がない「空気人形」がたくさんいることを発見しました。映画の中の人間は二種類に分けられています。女性のキャラクターのキーワードは「空虚」と「失落」であります。暴食症のホワイトカラー、老けていくことを恐れる中年の女性、女の子からおばあさんまで、様々な誇張感を持つ女性のキャラクターとラブドールは多角度の対比を形成しています。男性キャラクターのキーワードは「バーチャル」と「逆ミス」であります。彼らはもう自分の感情を人間に与えることができず、バーチャルな対象に転向することになります。「空気人形」は、表面的には愛の物語を述べていますが、作品の深いところは、人間の本質についての質問であります。

もう一つの映画も有名で、2020年には高橋一生、蒼井優主演の「ロマンスドール」であります。この映画はあるラブドールの制作労働者(北村哲雄)の妻(北村園子)が亡くなってから、彼は妻と同じようなラブドールを作ったことを述べました。愛とはなんですか?愛の感じはどうですか?この質問は映画でとても直観的に描写しています。例えば、男役と女役が初めて出会い時に、二人の一目惚れは、何の効果的な言葉も交わさないまま、哲雄の手が園子の体に触れた瞬間、彼は完全に感動されました。園子も哲雄の触れによって、相手の優しさを感じました。人の本質はこの時に明らかになりました。人々はこのような体で感じて、生活して、愛し合っています。この万般の味は親密なセックスしただけで経験できます。園子が世を去った後、哲雄は気が狂って彼女を思い、もう一つの園子を復刻する大胆な考えが生まれた。

映画の中の人形産業は、完全に芸術的に解釈されています。ドールの制作労働者は無限に人間の体に対する感触、弾力性、色、生地の真実味を追求しています。哲雄は自分が製造した園子のラブドールを実際に試した時、ほとんど乱れて崩壊してしまった。この実感は、直接視覚、感覚、触覚を通して、心を直撃されます。

失った恋人をラブドールの形式で復刻するのは希なことではありません。ラブドールの歴史から見ると、ラブドール文化を正式的に社会で公開し、展示したのは、前述のような方式で実現されました。この前のドール製作者は警察や神学者から警告や嫌がらせのことに悩まされて、こっそりとラブドールの産業を発展しかありませんが、偉大な芸術家の「オスカー・ココシュカ」は若い時期に忘れられない失恋の経歴がありますので、相手の愛情を続けるために、この昔の恋人にそっくりな人形、つまりラブドールを作ることにしました。ココシュカは全く気兼ねがなくてこの「恋人」を公開の席に展示されています、馬車で外出し、オペラハウスやレストランなどの場所に行く際に、ドールも連れていったことをやります。この人形の原型と恋愛時代に行われるあらゆる生活と活動を正常に行います。この当地に有名な芸術家の宣伝を通じて、より多くの人がラブドールの存在を受け入れさせました。オスカー・ココシュカの思想は多くの人に啓発と霊感を与えました。その中には現代ラブドールの父、ドイツの超現実主義者ハンス・ベルメールが含まれています。

ところで、以上の二部の映画は監督や俳優の配置から見ると、ラブドールに関する題材の映画は日本では小衆ではなく、大胆で前衛的な試しであります。大多数の人々はまだこの題材に対して受け入れませんが、現代社会の発展とともに、「仮恋人」の存在がますます普遍化になります。

Share this post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です