ブログ

ラブドールはその前身との共通点

どのような物事はその起源と誕生の跡がうかがえて、これらの物事は誕生前の前身が見つけられます。例え飛行機の発明は鳥類からインスピレーションを受けるということように、両方は一つは交通手段で、一つは自然生物であります、まったく同じ分野のものではありませんが、空気力学で鳥が飛ぶ原理が分かってから、重要な理論として飛行機が発明されることになりました。同じように、ラブドールは誕生する前に、意識や実体形態の参照物があると思います。その前身は特殊な性癖のグループ「ネクロフィリア」から来ているかもしれません。ネクロフィリアとは、死体から性愛の満足を得ることを指し、これらの人は死体を保留して自分の「ラブドール」として扱っています。客観的に考えて、死体の要素を除いて、ネクロフィリアの需要と動機は、現代ラブドールの愛好者と二つの共通点があると思います。

ネクロフィリアのグループは性癖の総称ですが、その中の人々ネクロフィリアのグループになるきっかけと理由、つまり需要と願望が多様であります。アメリカ精神医学学会の研究者の統計によると、多くのネクロフィリアのグループは、完全に自分に逆らうことをしない対象を持ちたいということです。このタイプの人数は全体の68%を占めています。あと一部の人は、死んだ恋人と感情を続けたいことを望んでいます、このタイプの人の数は全体の21%を占めています。この両方のグループは、精神的な満足のためて、ネクロフィリア全体の80%を占めてい、残り人々は死体のみに癖があるだけです。

しかし、いずれ理由のグループも、その最大の共通点は、「絶対支配」への渇望から生まれた。完全支配的な性愛行為に対する欲望は誰よりも強いが、その古い時代には死体しか実現できなかった。もっと狂気の人は、生きている人に死体の役を演じさせたり、じっとしていてほしいと要求したりします。相手の体が動いたら、その絶対命令に逆うことを感じて、すぐにセックスの欲求と能力を喪失します。

つまり、「自分の絶対支配力」と「全く抵抗しない対象」は、ネクロフィリアの核心思想です、ラブドール文化と同じ主要な核心要素であり、このような個人の欲望と幻想を一方的に満足させる行為はもし科学技術の発展に制限されないなら、歴史以来80%のネクロフィリアのグループはラブドール愛好者になれると思います。そう考えると、ラブドール起源の前身として、このグループは人々に恐れと感じさせて、理解しにくいですが、いかなる物事の存在はすべて合理的な理由があるようですね。

もしかすると、科学技術と製造技術がますます発達するにつれて、未来はもっと本物そっくりなロボットラブドールが現れて、甚だしきに至っては自分の意識を持っているAIラブドールが現れて、その時、私たちがよく知っている現代ラブドール文化は歴史の階段になると思います。

Share this post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です