ブログ

ラブドールの各種類のおっぱいの特徴

通常的なラブドールの胸の種類は三つの選択があり、メーカーによって呼び方が違っています。一つ目は基本的の固体胸以外に、あと二つ目の中空胸と三つ目のゼリー胸であります。字面から見れば、各種類の特徴が分かりやすくえ、乳房の内部の構造が違うだけですが、ドールの用途や使い方によって、それぞれのメリットとデメリットがあります。

商品を購入する前に、おっぱいのオプションについて、いったいどの種類を選んだほうがいいですか?これから、ラブドールの胸の各種類における特徴、そしてメリットとデメリットについて詳しく説明すると思います。初心者としてのお客様はドールを購入する前に、是非この文章をご覧下さい。この文章の前篇と後篇を最後まで読んだら、基本的の固体胸と中空胸とゼリー胸の本質の特徴がはっきりと分かって、迷わずに自分の好みのラブドールを正確的に購入できます!よかったらベテランであるお客様も自分の心得をコメントに分かち合ってお願いいたします。

固体胸・中空胸・ゼリー胸の区別

固体胸と中空胸とゼリー胸の区別は、表面から言うと、ずばり「柔らかさ」の程度です。この三つのタイプは、一番硬いのが基本的な固体胸であり、一番柔らかいのが空気を入れていった中空胸であり、両方の中間くらい柔らかさであるのがゼリー胸です。通常的な価格が一番高いゼリー胸なのに、柔らかさが一番ではなくということで、ラブドールのおっぱいに対する認識の範囲を打ち破ったでしょう?ですので、値段が一番高いタイプは絶対でわありません。自分の実際の用途とドールの“暮らし”環境によって、各種類の胸はそれぞれの優れところがあります。

 

固体胸の特徴

体胸は、通常なラブドールと同様の素材で製造したおっぱいです。TPEかシリコンのどちらでも内部の構造は特別なところがなく、実物の乳房と比べて、すごく硬いです。本物の女のおっぱいを揉んだことがある人にとって、この基本的なタイプはまったくリアルではない偽乳と感じられる。
固体胸の特徴が分かるようになったら、購入する際にカスタマイズの基本オプションで、このタイプを敬遠されると思います。しかし、悪いところばかりではなく、この前に何度も強調された「ドールの用途や使い方によって、それぞれのメリットとデメリットがあります。」という話はそうなんです。つまり人によって、この固体胸はあなたの理想的なおっぱいであるかもしれません。

 

中空胸の特徴

名前が示すように、中空胸はおっぱいの中身が空になっていることで、空気だけ入っています。ほかの二種類タイプと比べて、一番柔らかくて、弾力も少しあります。初心者にとって、初めて体験すると、最もリアルなおっぱいを感じられます。でも、メーカーによって、中空胸の触感が多様であり、なぜなら、人形を製造標準によって、胸の部分で肌の厚さが違っています。そして、中空胸はほとんどDカップから選択できます。つまりAからCまでのカップは基本的の固体胸しか選べないということです。

 

 

ゼリー胸の特徴

ゼリー胸は簡単と言えば、中空胸の中で、空気の部分にゼリーを注入し、ほかの二種類のタイプの優れた特徴を備えています。固体胸より柔らかく、中空胸より弾力があります。
三種類んのおっぱいは、ゼリー胸が最も技術革新な存在です。現代ラブドールは昔に固体胸しかありません。「硬すぎてリアルがない」と言う顧客が多いので、中空胸が誕生しました。この技術は顧客満足度が高くなったが、もっとリアル志向を追求するため、今まで最も完璧なゼリー胸が発明するようになりました。しかし中空胸と同じ限定されたカップがあり、通常のゼリー胸はC~Gカップまでだけ選択できます。大きすぎると、重さに耐えられず肌が割く可能性があります。未来は第四種類のタイプのおっぱいが発明すれば、この弱点を解決できると思います。

Share this post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

添付写真の最大容量: 50 MB. image, otherの写真添付可能.. レビュー内容のYouTube、Facebook、Twitter などのリンクは自動的に変えます。 Drop file here