ブログ

家族と同居している人がラブドールを購入するのは難しい?家族への伝え方を解説

近年のラブドールは、本物の女性に近い見た目・質感を持ったものが多いです。興味はあるけれども実家暮らしなど家族と同居している場合、バレるのが怖いという方も多いでしょう。そこでここではラブドールを実家で購入する際のポイントについてまとめました。

1.注意したいのは購入時

ラブドールを購入する際に注意しなければならないのは、注文して商品が自宅に届いた際です。かなりの大きさがあるので、大型の荷物が自宅に届きます。もし家族が受け取ったのであれば、事前説明がないと「ちょっとこれ何?」という話になるでしょう。その場合の対処法について、以下にまとめました。

・家具が届くと説明
大きさから考えて妥当なのは、「ちょっと家具を知り合いからもらって今日届くかもしれない」と伝える方法です。収納棚くらいの大きさで梱包された段ボール箱が届くので、家族に怪しまれる心配はありません。ラブドールが自宅に届く際には、段ボールにそれを推測させるような文言は一切かかれていません。

・不在時を狙って注文する
説明をするとかえって怪しまれるという家庭もあるでしょう。その場合には家族が不在の時を狙って注文するのがおすすめです。自分一人が自宅にいるときに届けてもらって、自分の部屋に連れて行ってしまいます。いくら家族と同居していても、自分の部屋にノックもせずにずかずか入ってくる人は少ないでしょう。ラブドールは等身大のサイズになると結構重みもあります。自分の部屋に搬入するまでに時間のかかる可能性もあります。また宅配会社によってはラブドールのような大型の荷物の場合、時間指定できないケースも考えられます。できれば家族が1日中外出しているタイミングを計って届けてもらえるように手配するといいでしょう。

2.バレてしまった場合の対処法

できることなら家族に内緒でラブドールは購入したいところです。女性の家族を中心として、理解してもらえない可能性が高いからです。内緒で購入して部屋の中に持ち込めたとしても、何かの事情で部屋の中を家族に見られてしまって、ラブドールの存在がバレることもあり得ます。その際の家族への説明について、できるだけ問題のない内容について以下にまとめました。万が一のために、参考にしてみてください。

・写真撮影のため
ラブドールというと性的な使い方をイメージする人も多いでしょう。しかしユーザーの中には、写真撮影する目的で購入する方も少なからずいます。そこでもしラブドールの存在を知られたら、「趣味の写真撮影の練習のために購入した」と言い訳する方法はおすすめです。「女性の表情はアングルによって変わってくるし、長時間モデルをお願いできるような知り合いの女の人もいないし…」と言って乗り切ってみるのはいかがでしょうか?

・友達から預かっている
自分のものではないという言い訳も一つの方法です。「友達のものだけれども家族にバレそうになったので、とりあえず自分が預かっている」という説明であれば、家族も納得しやすいです。ただしこの場合、再度見つかってしまった場合に説明が通らなくなるかもしれません。ですから1回このように説明したら、二度とばれないように家族に絶対見られないような場所で保管したほうがいいです。もし自宅での保管が難しければ、レンタルトランクなどの利用を検討してみるといいでしょう。

ラブドールを家族に理解してもらうのはなかなか難しいことかもしれません。家族の理解を得にくいようであれば、搬入時が一番バレるリスクも高いです。家族が不在の時を狙うか、家具が来るなどと説明して怪しまれないように含線を張るかなどの大作が必要です。あと部屋の中に入れることができれば、家族の目につかないところで保管することが大事です。

Mailovedollは、有名ラブドールメーカーの正規品を取り揃えているラブドール通販専門店です。お客様が、「安心・安全・快適」に、当社サービスをご利用いただくことが当社の一番大事なミッションであり、常に最重要課題でございます。

Share this post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です