ラブドールを購入したいけれどもありすぎて選べない…安心のおすすめブランド5選

ラブドールの購入のために通販サイトをチェックしてみたけれども、数がありすぎて一つに選べないという人はいませんか?ラブドールは品質もピンキリです。そこでまずはブランドで絞り込んでみるのはいかがですか?以下ではラブドールブランドの中でも高い品質でユーザーから評判の5つを紹介します。この5つのブランドの中から選べば、まず間違いはないといっていいでしょう。

1. オリエント工業

「ラブドール=オリエント工業」というイメージが日本では定着しています。それほどメジャーなブランドです。創立されたのは1977年のことですから、40年以上の業歴を誇る老舗です。

・品質の悪さが事業開始の要因

オリエント工業の代表は、この事業を立ち上げる前はアダルトショップを経営していました。その中ではダッチワイフも取り扱っていましたが、その品質の悪さに不満を抱いていました。1970年代のダッチワイフはちょっとしたことで簡単に空気漏れが発生するのが問題でした。この問題を改良するために、ダッチワイフのメーカーとしてオリエント工業を起業しました。使用者のニーズをていねいに聞き取り、多種多様なラブドールの製造・販売を行っています。

・リアリティを追求したスタイル

オリエント工業のラブドールの特徴は、品質にこだわっている点です。本物の女性の質感に限りなく近づけるように、日々開発を進めています。素材はオリジナルのシリコンを使っています。耐久性に優れているので、長年使用できます。またブリードと呼ばれる脂浮の減少がほとんど怒らないので時間が経過しても劣化も少ないです。

2. RealDoll

RealDollとはアメリカのメーカーで、等身大のラブドールを主に取り扱っています。アビスクリエーションというカリフォルニアに本社を置くメーカーが製造しています。2010年代を代表するブランドです。

・医療用にも使われるシリコン

RealDollのラブドールには、オリジナルのシリコンを材料に使っています。その加工技術のノウハウを生かして、医療分野にも進出しています。乳がん除去手術や性同一性障害の患者のための人工乳房を2006年ごろから製造しています。それだけ肌の質感の再現性に優れていますし、安全性も高いです。また耐久性にも優れています。多少引っ張っても裂けるような心配もないです。

・まぶたの開閉が可能なモデルも

RealDollのラブドールの中には、まぶたを自由に開閉できる機能のついているものもあります。ケーブルが後ろ髪の下から出ていて、これを操作することでまぶたの開閉が可能です。まぶたが動くことで、より生身の女性に近い感覚を味わえます。

3. Wmdoll

Wmdollもラブドールブランドの中でもメジャーです。こちらは中国のメーカーで、国内の通販サイトでも取り扱っているので手軽に購入できるのが特徴です。日本だけでなく、欧米でも高い人気を誇ります。

・価格が安い

ラブドールはリアリティに優れている半面、高価なのがネックといわれています。Wmdollが人気なのは、ほかのメーカーと比較して安価で販売しているからです。エラストマーを原料として使用しているため、コストカットが実現できました。割安といっても質感がシリコン製と比較して、決してそん色ありません。コスパ重視の方向けといえます。

・多種多様なラインナップ

Wmdollのラブドールを見ると、バリエーションが充実しています。ロリ系から大人セクシー系まで、いろいろなモデルが用意されています。雰囲気も多岐にわたり、ガーリーからボーイッシュまでラインナップされているので、自分の好みがきっと見つかるでしょう。

・グラマラスなものが多い

いろいろなタイプのラブドールを製造・販売しているWmdollですが、その中でもグラマーな女の子の多いのが特色です。Eカップ以上のモデルもたくさんありますので、大きなおっぱいの娘が希望という方でも満足度は高いです。

4. Kanadoll

Kanadollも中国発祥のブランドです。医療用で用いられるような高級エラストマーを原料にして、低価格でありながら人肌のような感触を味わえるのが魅力です。これから初めてラブドールを購入するような初心者向けといえます。

・自社工場を持っている

Kanadollは自社工場を持っていて、こちらで製造しています。すべての工程を自分たちで作り、直接店舗に出荷するシステムをとっています。このため中間マージがカットでき、低価格でありながら高品質のラブドールを生産できるわけです。

・10万円以下のドールも

Kanadollはほかのブランドと比較して、低価格で販売しているのも魅力です。商品によっては10万円以下の価格で販売しているものもあります。これほどの激安価格で販売しているメーカーは、ほかにはなかなかありません。

・ラインナップが充実

Kanadollにはいろいろな特徴を持ったドールを取り扱っています。ロリ系から人妻・熟女系まで用意しています。またカスタマイズにも対応しています。肌の色から身長、さらには膣のデザインや陰毛の多少など細かなところまで指定して依頼できます。ラブドールを探しているけれどもなかなか好みが見つからないという人でも、納得のものが見つかるはずです。

5. 4woods

4woodsは日本国内のメーカーです。設立されたのは2002年で、国内工場ですべての工程を製造しています。国内の工場のため、高い品質と安全性が期待できるとして注目を集めているブランドです。

・女性の柔らかさを忠実に再現

女性の肌というともっちり柔らかなところが男性にとっては魅力のはずです。4woodsのラブドールはこの柔らかさを忠実に再現しているとして評判です。こちらのメーカーでは、シリコンとエラストマーを部分的に使用しているので、本物の女性の肌の質感を実現できています。2つの原料は準医療用のものを使っていて、安全性も高いです。

・手作業で製造

4woodsでは専属の職人が手作業で作っているのが特徴です。このため細部までこだわって製造しているので、本物の女性の感触を堪能できます。血管や筋などの造形や皮下脂肪の感じ、骨の硬さまでこだわっているほどです。リアルにこだわりたい人でもきっと満足できるでしょう。

・オプションが充実

4woodsでは多種多様なオプションを用意しています。ボディやヘッドだけでなく、メイクや肌の色、形状など幅広く用意しています。しかもオーダーメイドメイクといって、見本写真の中からメイクの感じを選んでもらって、化粧をお願いすることも可能です。しかもこのメイク、無料で請け負ってくれるので女性の好みのメイクがあればお願いしてみるといいでしょう。

ラブドールを購入

ラブドールを購入しようと思っているのであれば、上で紹介した5つのブランドの中から選ぶといいでしょう。いずれも高品質で見た目だけでなく、触ったときの感触まで再現性にこだわっています。またドールに使用している材料は、医療の世界でも使用されるようなものです。ドールとセックスしても大丈夫なのかと初心者の中には心配な方も多いでしょう。しかし極めて安全性が高いので、安心して使用できます。オーダーメイドなど自分好みの女性像を忠実に再現してくれるようなブランドもあります。まずはどのようなドールを取り扱っているか、通販サイトなどで画像をチェックするところから始めませんか?

この記事をシェアする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です