ブログ

ラブドールの汚れ、シミ、色移り

現在販売されているラブドールは、本物の女性の質感や見た目にこだわった品質の高いものが多いです。しかしもし自分の不注意でシミがついてしまうと、その魅力も半減しかねません。ひとたびついてしまったシミは落とすことができるのか、その方法について以下で詳しく解説します。

専用の染み抜き剤を使用する

もしラブドールにシミがついてしまったら、TPE専用の染み抜き剤があります。TPE以外にもシリコン製のラブドールがありますが、こちらにも使用して問題はありません。この染み抜き剤はラブドールを取り扱っている通販サイトで販売されています。シミを取り除く際には、自宅にある綿棒も準備します。染み抜き剤の容器の中に綿棒を入れ、薬剤に浸します。そしてシミの出来ているところにこの薬剤を直接塗布します。

・しばらくそのままの状態で放置する
シミ取り剤を塗ったら、しばらくそのままで放置します。有効成分が素材に浸透して汚れを分解するまで待つためです。どの程度待機するか、これは汚れの状態によって異なります。軽度のものであれば10秒くらいで構いませんし、ひどければ1分間くらい念のため待ってみるといいです。

・汚れをふき取る
放置したら、綿棒を使って薬剤と汚れをふき取りましょう。この時薬剤に浸した前の綿棒ではなく、きれいなものを使用しましょう。汚れが広範囲にわたる場合には、きれいな布でふき取るのも一考です。もしこれでもし身が完全に消えないようであれば、最初からもう一度繰り返しましょう。何度かこの作業を行うことで、徐々にきれいになるはずです。

日常からきれいにしておくことも大事

シミができてからラブドールを洗浄するのではなく、普段から定期的にメンテナンスするのも新品同様にきれいな状態を維持するのに必要なことです。普段のお手入れの際にはボディソープなど私たちの体を洗うものと一緒のアイテムを使用してかまいません。ただし皮膚に余計な負担をかけたくなければ、中世的なモノや天然由来の原料を使っている肌に優しいものを使うといいです。赤ちゃんでも使用できるようなボディソープがおすすめです。

・特に膣周りの洗浄を
ラブドールの場合、全身の中でも膣周辺は汚れやすいです。精液などをそのままにしていると、シミや変色ができやすいです。ですから膣の洗浄は使用するたびに丹念に行ったほうがいいです。頻繁に使用しようと思っているなら、膣洗浄器を購入するのがおすすめです。この中に石鹸水を入れて、膣に向かってプッシュするだけですから簡単に使用できます。膣洗浄器はリーズナブルな価格で販売されているので、手軽に手に入れられます。

色落ちに注意

ラブドールにシミができる原因として多いのが、色落ちによる色移りです。この中でも特に気を付けないといけないのが洋服からの色移りです。特に注意したいのは、ストッキングです。黒いものをそのままはかせるとどうしてもシミができやすいです。もしどうしても黒いストッキングをはかせたければ、ダイレクトではなく間に何かをかませましょう。肌色の下着などを身に着けさせれば、見た目も気になりません。

・濃いめの洋服はNG
洋服を着させる際には、あまり濃いめの色を使ったものは避けたほうがいいです。もしどうしても着せたければ、着用させる前に洗濯して色落ちさせておくのがおすすめです。何度か洗濯してもなお色落ちするようであれば、その衣装は着せないのがおすすめです。また肌に直接あたる肌着は白などの薄めの色のものを使用しましょう。

まとめ

ラブドールの素材はリアリティを追及しているので、毛穴のようなものも作られています。これがソフトな感触を作り出していますが、一方で水分や汚れを吸収してしまいます。ですからシミができやすいので、色移りの内容に普段から衣服などに注意しましょう。

Share this post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です