ブログ

ラブドールは何で作られているの?主要な素材の特徴について紹介

ラブドールは本物の女性の肌に近いということで人気です。その素材を探っていくと、シリコンとTPEがツートップです。この2つの素材、それぞれどのような特徴があるのか、違いは何かについてまとめました。

1.シリコン製ラブドール

まずラブドールの素材としてしばしば使われるのがシリコンです。国内製の多くがシリコンで作られているといわれています。国産の方が安心という人はシリコン製のものを探してみるといいでしょう。安全性を心配していませんか?シリコンは医療の現場でも使われている素材です。毒性もなく、安全性は万全といえます。

優れた剛性

シリコンは丈夫なところが魅力です。耐久性に優れていますし、やわらかくいろいろな格好に対応できます。こだわりの体位がある、写真撮影をする際にこういうポーズをしてほしいといった要望にもフレキシブルに対応できるのが、シリコンの強みです。耐熱性にも優れているので、普通に保管している分には熱によって溶けて変形するような心配もありません。

質感は異なる

医療用シリコンでも、メーカーによって質感が異なるので注意しましょう。特に柔らかさはメーカーによって違いが顕著といわれています。もし質感にこだわるのなら、ショールームなどに言って実際に触るのも一考です。もしくは気に入った人形を見つけたら、その口コミをチェックしてみるといいでしょう。

価格は高め

シリコン製のラブドールは、どうしても価格面で高くなることはあらかじめ頭に入れておかないといけません。しかし耐久性に優れているので、ひとたび購入すれば長く使い続けられます。長期的なスパンで見れば、それほどコスパも悪くはないです。

2.TPE製ラブドール

ラブドールの素材として、もう一つTPE製も主流になりつつあります。TPEとは、エラストマーと呼ばれる素材がベースです。これを細分化したもので、医療現場でも使われ始めています。最新素材で、医療でも使用されているほど、安全性が高くなっています。

質感はシリコン以上

TPE製のラブドールが注目を集めている理由は、シリコン製よりも質感が優れているからです。シリコンも本物の人間の肌とそん色はないですが、TPEはそれ以上にやわらかくて食感が気持ちいいと評判です。また中にはシリコン製のラブドールは、臭いが気になる人もいるでしょう。TPEはほとんど臭いがしないので敏感な人でもあまり気にならないでしょう。またシリコンと比較すると、価格が安い手も注目ポイントです。もし少しでもお得に購入したければ、TPEの方がおすすめです。

取り扱いに注意が必要

TPEはやわらかく人間の肌のようにモチモチしています。しかしこの特徴は諸刃の剣です。柔らかく汚れやほこりが付きやすいです。しかもほこりなどが付着するとなかなか剥すのに苦労します。ベビーパウダーなどで普段からしっかりケアをしておく必要があります。

傷つきやすい

柔らかい素材なので、傷つきやすいのもTPEのデメリットのひとつです。特に持ち運ぶ際には注意が必要です。軽い部分をもって持ち運ぶと全体重がかかってしまって、擦れができやすいです。もし移動したければ、重心に近い部分を両手で下から持ち上げて支えるように持ち運びましょう。

3.まとめ

ラブドールの2大素材であるシリコンとTPEにはそれぞれ異なる特徴があり、それぞれにメリットデメリットがあります。自分の使い方に合わせて、どちらの素材にするか決めましょう。長いこと使い続けたい、少し激しめのプレイを希望するならシリコン製がおすすめです。一方できるだけ安くて触感の良い素材を探している、セックスよりも撮影目的がメインの方はTPE製の方が適しています。好みの問題なので、十分比較して人形選びを進めましょう。

Share this post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です