ブログ

リアルラブドール VS ダッチワイフ徹底検証!おすすめはどっち?

ラブドールに興味が湧き、色々と調べていくうちにリアルラブドールという広告を通販サイトや雑誌で見かけたことはありませんか?これを見ると「昔のダッチワイフでしょ?」と思う人もいるかもしれません。しかしダッチワイフとリアルラブドールと比較すると異なるポイントがいくつかあります。
その違いは何でしょう?と言われても、いまいちピンとこないですよね?この記事では、これからラブドールを購入するにあたり、「リアルラブドール」と「ダッチワイフ」とは何なのか、そもそもどんな違いがあるのかを説明していきたいと思います。

1.リアルラブドールとは

リアルラブドールの素材は医療用TPEやシリカゲルが使われており、材料費は高く、骨格部分はアルミ合金が使われていることが多いので、高価になってしまいます。金属製の骨格は手作りで作りこまれていることが多く、複雑な工程を踏まえているので、高コストの要因だといえるでしょう。またリアル感を出すために、スケルトン部分はかなり重量があるので、体重は一般女性よりも軽い20~30kgのものが多くあります。

シリコン頭部+TPEボディー 高級ラブドール 植毛 香音 165cm

2.ダッチワイフとは

ダッチワイフはすごく昔から製造されました生理的需要を解決する性玩具です。インフレータブルドールとも呼ばれます。はじめの布製から、プラスチック製に進化し、リアリティー上欠けている安いものです。
ダッチワイフの素材は基本的にプラスチックであり、加工が簡単なので、安価なことが最大の特徴だといえるでしょう。安価にバッチ処理できるので、大量生産が可能なことが、低コストの要因だといえます。またダッチワイフは空気により膨張可能であり、持ち運びにも便利な2~3kgのものが多くあります。

3.両方の違いは?

実際に、ダッチワイフは現在のラブドールの前身に過ぎません。先祖ですねwダッチワイフをもとにもっとリアルさを求める人達はラブドールを開発しました。具体的に歴史上で何があったかをラブドールの歴史を徹底調査——世界から日本へ、過去から未来へにて読んでみてくださいね。
ラブドールを購入するにあたり、リアルラブドールとダッチワイフの素材や重量の違いはわかりましたが、疑似セックス目的での使用において、どのような違いがあるのでしょうか。コスト面だけでいえば、ダッチワイフが良いのでしょうが、それ以外にも目的があるのであればリアルラブドールの方がオススメだといえるでしょう。

3-1.フォルムで比較

ダッチワイフの細部は粗く、リアルラブドールの細部は細かく造り込まれています。少し前のダッチワイフというと、フォルムは非常にシンプルなものが多いです。ダッチワイフは空気による膨張可能な素材なので、スタイルには限りがあり、クオリティは低いものになっています。質感も硬くて、プラスチック独特の匂いがあります。メリハリもなく、筒のような形状に女の子のデザインがくっつけられている感じです。ですからこれを本物の女の子と思えと言っても無理な話です。イメージ的には抱き枕の進化系といったところでしょうか?

一方リアルラブドールの場合、女性ならではのなめらかなボディラインを忠実に再現しています。ラブドールはロリ・少女のような可愛い系から、熟女・人妻のようなセクシー系まで幅広く揃っています。このため、実物を見たときの興奮度はかなり高いです。おっぱいやお尻の丸みを帯びた感じなどは商品名の通り、まさしく「リアル」です。見ているだけでも十分楽しめます。リアルラブドールはTPE素材により、つるつるスベスベな柔肌のような質感であり、匂いもあまりないのが特徴だといえるでしょう。また、基本的に手作りで、高級のシリコンラブドールの髪型は主に手で植えられ、眼球の輝きや関節の可動域、肌の質感がリアルに再現されており、非常にクオリティが高いものになっています。

ルックスも重視しているラブドール

ラブドールを見ると、ルックスにも力を入れているものが多いです。ダッチワイフの場合、アニメ系のデザインのものが中心です。一方ラブドールはどのような指向にもマッチするように、バリエーションが充実しています。美少女系もあれば、ロリ系ラブドール、きれいなお姉さん系など多種多様です。パーツが別個に販売されていることもあり、ユーザー好みにカスタマイズできるような商品も見受けられます。

スザンヌ 145cm

3-2.触り心地で比較

触り心地で比較すると、断然ラブドールの方がおすすめです。ダッチワイフというとビニール製のものが大半です。安いものだと継ぎ目の、のりしろの部分が外に出てしまっているタイプも見受けられます。ここがプレイ中に引っかかって、肌が痛くなってしまうこともあり得ます。またあまり激しく使用すると穴が開いて空気漏れを起こすこともあります。イメージ的には浮き輪のような感じです。

一方ラブドールの場合、いろいろな素材がラインナップされています。その中でもシリコン製など滑らかなさわり心地のものが中心です。いずれもシームレスなので、のりしろで肌をひっかけるような心配がないです。耐久性も数段上です。このため、長く愛用できます。

最高級レベルは生身の女性よりも感触は上?

ラブドールにもいろいろなランクがあります。その中でも最高級のものになると、素材にもかなりこだわっています。例えば骨格にシリコンやTPEなどを使って肉付けしたものも見られます。ここまでくると生身の女性よりも抱き心地の良いものもあります。

3-3.価格で比較

価格で比較した場合、ダッチワイフの方がシンプルなつくりのため、リーズナブルなものが多いです。通販で購入する場合、最安値だと1000円台で買い求められる商品もあるほどです。一方リアリティを追求してデザインや素材にこだわっているラブドールの場合、お金のかかるのは致し方ないところです。しかしその中でもピンキリです。安いものだと数千円で販売されているものもあります。ただある程度のレベルのものを求めるなら、数万円かかると思ったほうがいいです。シリコン製で高級品になると、中には50~60万円くらいの値のつくような逸品も見られます。

4.疑似セックス以外の用途・目的があるリアルドール

ラブドールの主な用途は疑似セックスとなりますが、それ以外にも購入目的がある人はいますよね。ダッチワイフは外観において、リアル感はほぼないので、外に連れていくことは不可能だといえるでしょう。ダッチワイフの用途は疑似セックスのみになってしまうのが実情だといえるでしょう。リアルラブドールは、外観のリアル感や可愛らしさから、観賞用やデート用に購入する人も多いといえます。リアルラブドールであれば、疑似セックス以外にも楽しめる用途が多いので、よりラブドールを楽しむことができるといえます。
ラブドールを購入するにあたり、ダッチワイフとリアルラブドールの違いを見極めることはじゅうようだといえるでしょう。ダッチワイフは安価ですが、リアル感はあまりないので、あまりオススメはできません。せっかくラブドールを購入するのであれば、高価であっても、十分なリアル感と幅広いスタイルが取り揃えてあるリアルラブドールを購入し、ラブドールとの生活を楽しんじゃいましょう。

5.ラブドールで理想のセックスパートナーを手に入れて幸福度を上げる!

可愛い リアル ドール 童顔ロリ Rena 130cm 販売

上記の違いのほか、ラブドールはダッチワイフができないことがあります。それは精神的な満足を上げることです。まずはあなた好みにラブドールをカスタマイズ出来ます。
ラブドールは技術の進歩により、あなた好みのカスタマイズラブドールを製造することができるのです。
性の対象として、人の嗜好は様々であり、ラブドールを活用することで心から満たされるものです。
顔やスタイルはもちろん、バストサイズ、乳輪の色、陰唇の色など男性の好みをラブドールに反映させることで、理想の女性を作り出すことができます。
肌の色、ネイルや目の色、服装など理想の女性をラブドールで叶えることにより、欲求不満によるイライラや暴走を起こさずに済むのです。
本物の女性に近い肌の質感を持つラブドールを、擬似セックスとして活用するだけでなく好きな格好をさせて鑑賞したり愛玩としたりと幅広く利用されています。
これによって、恋する安心感をゲットすることができます。彼女と過ごす時間はリラックスできて、一日の中に一番癒やされる時間ですよ。

オリジナルの世界観を楽しむことができる

実物の人間相手に、思い通りの格好をしてもらったり、コスチュームを付けてもらったり、することも楽しいですが、恥ずかしくてパートナーにして欲しいことを言えないという人も少なくありません。
ところがラブドールは、好きな体制で固定することが出来るように、中には骨格が内蔵されています。
好きな衣装、髪の色、表情、体勢など含めて、あなたのオリジナルの世界観を実際に表現して楽しむことができるものなのです。
清楚系、幼い系、ギャル系、セクシー系、など女の子のイメージも選択することができ、彼女の部屋としてあなたが世界を作り出すことで、同棲しているような世界観にすることもできます。

あなたが一番満足するラブドールで幸福度の高い時間を過ごそう

性欲が満たされるということは、イライラが減ったり楽しみが増えたりと心の幸福度が高くなります。
進化を続けているラブドールの中から、あなたが一番満足する女の子を手に入れ、心から幸せな時間を過ごしましょう。
今後さらに技術が進化することで、より本物の女の子に近いラブドールが開発されていきます。
ラブドールで最高のセックスライフを楽しんでください。

6.まとめ

こうしてみると、ダッチワイフの進化系がリアルラブドールといえます。もしより本物の女性を抱いているような感覚で楽しみたいと思っているなら、ラブドールの方がおすすめです。ただし多少人工物感はあっても、少しでも安いものが欲しいと思っているならダッチワイフの購入を検討するといいです。品質と値段、どちらを重視するかは人によって異なります。自分はどっちを優先するか、まずは考えてみるといいでしょう。

Share this post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

添付写真の最大容量: 50 MB. image, otherの写真添付可能.. レビュー内容のYouTube、Facebook、Twitter などのリンクは自動的に変えます。 Drop file here