ブログ

シリコン製ラブドールとTPEドールの比較について!それぞれの素材について解説

ラブドールの素材として多く使われるのが、TPE素材とシリコン素材です。Mailovedollのラブドール達は、TPE素材をメインに採用しています。どれにすればいいか困った経験はありませんか?候補を絞り込むにあたって、素材で選ぶのも一つの方法です。ラブドールは素材別で分類すると、2種類に分類されます。それぞれの特徴についてまとめましたので、参考にしてみてください。

1. シリコン製ラブドール

まずラブドールの素材としてしばしば使われるのがシリコンです。国内製の多くがシリコンで作られているといわれています。国産の方が安心という人はシリコン製のものを探してみるといいでしょう。安全性を心配していませんか?シリコンは医療の現場でも使われている素材です。毒性もなく、安全性は万全といえます。

・メリット

メンテナンスしやすい

シリコンの魅力は何といっても耐久性の高さです。経年劣化はどうしても避けられませんが、かなりそのペースは緩やかです。メンテナンスをしっかり行えば、1回購入すると10年以上愛用することも可能です。また汚れに対しても耐性があるため、清掃・メンテナンスという面においては他の素材よりも優位性があります。万が一汚してしまった場合でも、簡単なお手入れで落とせます。メーカーの中には、アフターフォローしているところもあります。定期的にメンテナンスすることで、いつまでも購入したてのきれいな状態をキープできます。

素材は熱に強い

シリコン製は基本的に熱に強いです。
100℃の熱闘にも耐えられるので、入浴時における40℃程度の水には十分耐性があります。
そのため、彼女と一緒にお風呂に入るプレイが可能となります。そして何より、強度が高いことです。もし誤ってラブドールを落下させても、傷がつきにくいことが特徴的です。

顔や体型がリアル

造形しやすいシリコン素材は、人間の表情や体型などの細かい個性のバリエーションを表現するのに向いています。TPE製だといわゆるマネキンに近い感じになって、どうしても少しドール感があるものになりやすいです。シリコンラブドールであれば生身のリアルな女性のように顔のシワまで怖いほど再現できるので、感情移入をしやすいでしょう。

・デメリット

値段が高い

シリコンのデメリットの中でも大きいのは値段です。高級なモデルが多いので、懐具合は十分確認したほうがいいでしょう。医療用のシリコンを使用していて、品質にもそれなりにこだわっています。ですから割高になってしまうのはあらかじめ理解しておきましょう。しかし耐久性に優れているので、ひとたび購入すれば長く使い続けられます。長期的なスパンで見れば、それほどコスパも悪くはないです。

伸縮性が悪い

またシリコン製のラブドールの場合、伸縮性は若干劣っているところもデメリットのひとつです。伸縮性がないということは、可動域が狭いとも言えます。いろいろなポーズをさせてみたいと思っていても制約のあることは理解しておきましょう。動かないのに無理に態勢を作ろうとすると裂けてしまうこともあり得ます。

柔らかさは一律ではない

同じ医療用シリコンを使っていても、メーカーによって柔らかさは違ってきます。ですから感触はまちまちです。できればショールームなどで実物を触らせてもらったほうが、自分のイメージする触感に近いものが見つかります。またメーカーによっては、シリコンチップのサンプルを送ってくれる場合もあります。触感にこだわりたければ、シリコンの触った感じを確認しておいたほうがよいでしょう。もしくは気に入った人形を見つけたら、その口コミをチェックしてみるといいでしょう。

シリコンラブドールおすすめ:これはすごい!【20万円以上も!】高級ラブドールはなぜそんなに高いの?

2.TPE製ラブドール

近年登場してにわかに注目を集めているのが、TPE素材と呼ばれるものです。TPEとは「Thermo Plastic Elastomer」の頭文字をとったものです。熱可塑性エラストマーと日本語では紹介されます。樹脂の一種です。最新素材で、医療でも使用されているほど、安全性が高くなっています。またTPE素材のラブドールはシリコン製と比較して、安価で販売されているものが多くなっています。高品質のものを探しているけれども、あまりお金は出せないという人でも満足できるような一品が見つかるでしょう。

ざっくりいうと、TPE素材とはすごく柔らかいゴム素材です。形状を保ったまま柔らかさも実現できるという優れた素材ですが、ラブドールに使うとどのようなメリット・デメリットがあるのかご紹介します。

・メリット

優れた柔軟度

TPE素材のメリットは、なんといってもその柔らかな感触と伸縮性にあります。シリコンの短所をカバーできているので注目されたわけです。その触感は、まるで本物の女性の肌を触っているかのような錯覚を覚えます。やわらかくいろいろな格好に対応できて、多少無理な態勢をとってもシリコンのように裂ける危険性も低いのが、TPEの強みです。実際に抱いて楽しむラブドールですから、抱き心地の良さや人間の体のように自由に動くことは重要です。

さらにおっぱいの触感を一層アップする「ゼリーおっぱい」の作りはTPEラブドールしか実現できないものです。胸の柔らかさの再現にこだわっているならこちらが断然おすすめです。

肌触りがいい

TPE製のラブドールが注目を集めている理由は、シリコン製よりも質感が優れているからです。シリコン製に比べると一般的には安いですが、劣っているわけでは決してありません。少なくとも感触の部分においては右に出る素材はないと言われているほどです。シリコンも本物の人間の肌とそん色はないですが、TPEはそれ以上にやわらかくて触感が気持ちいいと評判です。すべすべの手触りでプニプニした柔らかさを楽しめます。まさに女性の肉体への憧れを凝縮したような製品です。おっぱいを揉んだり顔を埋めるもよし、頬ずりをするもよし、もちろん抱きしめながら本番行為を楽しむもよし。吸い付くようなTPE素材の質感が興奮と愛情を高めてくれることでしょう。

体の稼働の自由度が高い

TPE素材は伸縮性が高いため、ひざやひじを容易に曲げることができます。まるで人間のような動きの自由度を実現しています。さらにMailovedollではアルミ合金の骨格を使用しているため、より軽くてより簡単に動かすことができます。愛し合う際に体位を変えるのもよりスムーズに行えて、調教プレイを楽しむこともできます。さらに収納や移動の際も負担が少ないのも魅力です。

・デメリット

傷つきやすい

柔らかい素材なので、傷つきやすいのもTPEのデメリットのひとつです。特にお尻を傷つけてしまう事例が多いようです。持ち運ぶ際には注意が必要です。軽い部分をもって持ち運ぶと全体重がかかってしまって、擦れができやすいです。もし移動したければ、重心に近い部分を両手で下から持ち上げて支えるように持ち運びましょう。

ブリードが出る

ブリードとはTPE内部から染み出してくる油分です。このブリードでラブドールがベタベタしたり、服を着せて保管している場合は服に油染みができてしまう場合があります。また、TPEは熱に弱いため高温多湿な場所で保管することは避ける必要があります。ブリードが出たり型崩れをしやすくなるのです。

対策としては、使用後や定期的にベビーパウダーを肌に塗布すると良いでしょう。多めと感じるくらいの量で大丈夫です。

服を着せて保管する場合はブリードが出ることで服自体に油染みができないように、紙やインナーを服の間に挟むのがオススメです。また、色がついている服を着せて保管すると、服の色がラブドール側に移ってしまう危険があるため、保管時に着せる洋服は色がない素材のものにしましょう。

匂いを感じる場合がある

TPEはゴムのような匂いがする場合があります。これもベビーパウダーを塗ることで抑えることができます。
また、香料スプレーをさっと洋服や髪にふりかければ、綺麗な女性特有の香りが漂ってものすごくオススメです。

TPEラブドールおすすめ:可愛いは正義!思わず保護したい可愛いラブドールをおすすめ7体

3.シリコンとTPEの比較について

ラブドールの素材には大きく分けて、シリコンとTPEに分類できることがわかりました。では購入するにあたってどちらの素材のほうがいいか、これはケースバイケースです。人によってラブドール購入する際に重視するポイントも異なるでしょう。皆さんはどちらの素材の方が推奨されるか、以下にまとめました。

・シリコンドールがおすすめな人

シリコン製のラブドールを見てみると、日本製のものが主流です。外国製のものだと品質などに不安を感じる人もいるでしょう。そのような人はシリコン製がおすすめです。

またシリコン製は耐久性に優れています。1回購入したらとっかえひっかえするつもりはない、できるだけ同じものを長く使い続けたいと思っているのであれば、こちらの方が適しています。

また多少こすったりぶつけたりしても傷ができにくいこともメリットです。もしエッチ目的、しかも生身の女性相手では躊躇してしまうような激しいエッチをしてみたくてラブドールを購入しようと思っているのなら、シリコンの方に適性があります。摩擦によって傷ができにくいので、いろいろな衣装を着せてみたいという人もおすすめといえます。

また、ラブドールで写真撮影を楽しんでいる方にもシリコン製ラブドールがおすすめです。よりリアルな外観を持っているから、本物の人と区別つかないほどの美しい写真が撮れます。

・TPEドールがおすすめな人

TPEドールはシリコン製と比較して、格安価格で販売されているモデルが主流です。品質にこだわりたいけれども、できるだけリーズナブルな価格で購入したいと思っている人はTPE製がおすすめです。

シリコンだと数十万円かかってしまうのも珍しくないです。しかしTPEなら10万円程度で買い求められるモデルもあります。将来的には破棄も検討しているのであれば、あまり値の張らないTPEの方が向いているでしょう。

また一つのものを長く使い続けるのではなく、新商品が出たらどんどん買い換えようと思っている人にもおすすめです。

さらに、TPEの柔らかさは実際の女性の膣の中の感覚を完璧にコピーできますので、セックス目的で使用する時の体験を高めたい方には最適の選択肢だと思います。ゼリーおっぱいも

・将来的にはTPEがおすすめ

将来的に見ると、TPE製のラブドールのシェアがシリコン製を圧倒するのではないかとみられています。今国別でみると、中国が主要な生産拠点となっています。そしてこの中国のメーカーで力を入れているのがTPEのラブドールなのです。TPEのモデルが多くなるということは、いろいろなタイプのものがマーケットに今後出てくると見られます。スタイルや顔立ちにこだわりたいと思っている人からすると、バリエーションの豊富なTPE製の方が理想のものに出会えるチャンスが高いでしょう。

4.まとめ

上記で説明した通り、シリコンとTPEの2つの素材には大きな違いがあります。現在販売されているラブドールを素材別でみていくと、ほとんどがシリコンもしくはTPEになるでしょう。上で紹介したように、それぞれに異なる特徴があります。現在ではいろいろな顔立ちやプロポーションのドールが出てきています。見た目でタイプのモデルがないかで振り分ける人が多いでしょう。しかし中には、複数のモデルが候補に残りどれか一つに絞り込めないこともあるかもしれません。その場合にはどの素材が使われているか、自分の用途にはシリコンとTPEのどちらがより向いているかという視点で比較してみるといいでしょう。ラブドールを購入する際には、素材の違いで選ぶのも一つの方法だと頭に入れておきましょう。長いこと使い続けたい、セックスよりも撮影目的がメインの方、少し激しめのプレイを希望するならシリコン製がおすすめです。一方できるだけ安くて触感の良い素材を探している、TPE製の方が適しています。好みの問題なので、十分比較して人形選びを進めましょう。

Mailovedollのラブドールは高品質TPE製

Mailovedollのラブドールは、バリエーションが豊かで好みの女の子をきっと見つけることができると思います。これはTPE素材の自由度により実現していますし、エッチの際にも柔らかい肌触りが気持ちを高めてくれるはずです。Mailovedollのラブドールをぜひ一度お試しください!

Share this post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です