ブログ

ラブドールは初めて公の場に姿を現す契機

公の場に姿を現す

ラブドールの起源と発展」で述べた歴史は、ラブドールが当時の社会で公開の席にまだ現れませんでした。なぜならば、ドール製作者は警察や神学者から警告や嫌がらせのことに悩まされて、同時、使用者もドールをこっそりと使用しています。

ラブドール文化を公開し、展示したのは、偉大な芸術家の「オスカー・ココシュカ」です。この芸術家は若い時期に忘れられない失恋の経歴がありますので、相手の愛情を続けるために、この昔の恋人にそっくりな人形、つまりラブドールを作ることにしました。そしてドールの服装のデザインは、元恋人の私的な裁縫から作られました。この意味の非凡なドールが完成した後、ココシュカは全く気兼ねがなくてこの「恋人」を公開の席に展示されています。

馬車で外出し、オペラハウスやレストランなどの場所に行く際に、ドールも連れていったことをやります。この人形の原型と恋愛時代に行われるあらゆる生活と活動を正常に行います。周りの人がこの芸術家に“ドールとセックスするか”と聞いた時、彼は正面を切って答えませんが「人形は永遠に沈黙で服従られる」というラブドールの核心要素を伝えられました。この当地に有名な芸術家の宣伝を通じて、より多くの人がラブドールの存在を受け入れさせました。

現代ラブドールの発展

オスカー・ココシュカの思想は多くの人に啓発と霊感を与えました。その中には現代ラブドールの父、ドイツの超現実主義者ハンス・ベルメールが含まれています。現代ラブドールは1930年代ごろのドイツと日本で登場し、主に軍事用途で、軍隊の兵士たちが利用されています。航海時代の海員と同じように、男性ばかりの群れが性的需要を解決するために、ラブドールが一番いい選択肢であります。これは、ラブドールの本当の「社会的価値」を発揮し、戦争時代の社会に大きな貢献をしました。

1950年になると、ラブドールは正式に性玩具としてドイツの市場上で販売し、社会の各分野の人々から歓迎されています。そして多種多様なデザインはバービー人形の母であるルース・ハンドラーを啓発し、ドール分野にもっと大きな貢献になりました。1990年代には、ラブドールの繊細さと質感が人間の実物に近づくなり一方、骨格に備えるドールも実現するですが、あまり効果がありませんでした。

2000年代になると、日本で製造したラブドールはもう人間の実物と同様のようになりました。ラブドール技術は日本でさらなる飛躍を得られます。思想が非常に革新的な国として、私達は日本の映画やアニメを題材に多くの時代よい進んでいる物事要素を見られて、だから今の日本はセックス用品文化が絶えず革新を続けて、世界トップの存在であります。人間がロボットと暮らしということは、現在の日本での重要な社会課題であります。未来には、AI人工知能を搭載し、人間と正常に交流できる能力を実現して、介護された老人たちの単調な生活に充実感を加えるというロボットはかならず実現できます。その時に、AI人工知能を搭載しているラブドールも発明されて、もっと革新の段階に進んでいけるでしょう。

Share this post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

添付写真の最大容量: 50 MB. image, otherの写真添付可能.. レビュー内容のYouTube、Facebook、Twitter などのリンクは自動的に変えます。 Drop file here