ブログ

ラブドールの起源と発展

前の文章「ラブドールと前身との共通点」では、リアルドール誕生前の前身は特殊な性癖群体「ネクロフィリア」であるかもしれません。この群衆の使用者たちは二つの核心思想がラブドール愛好者と似ていますが、利用された対象は全く同じ概念ではないと述べています。ラブドールの起源と発展歴史はとても長く、固定的な群体から社会全体までにいくつかの段階に分けられて、それぞれの部分は一つずつ紹介しましょう。

起源契機

正式なラブドールの起源きっかけといえば、大航海時代に海員群体から生まれられました、新航路の開発は、人類が初めて大陸と海を越えて世界的なつながりを築いて、各大陸間の相対的な孤立状態は壊れ、世界は一つの全体として時代が始めた。多くの男は家族を捨てて船に乗り、見えない未来へ冒険します。その現状で海に出て航行する水夫達は、一回の航行の時間は数十日甚だしきに至っては数ヶ月の程度になり、同性ばかり環境の中で、自分の性的需要を解決したいので、布と革で作られた「航行夫人」が誕生しました。

通常、長時間の航行は船の内部空間の使用は非常に厳格で、空間を節約するために、一つの航海夫人は船すべての海員に共用します。しかし欠点もはっきりで、この航海夫人は実に粗末なドールです。基本的に粗布から作っていますので、全然人間の形を維持することが不可能でした、もっと粗末なのは、普通の生活用品としての枕でも穴を開けてセックスの対象として使用することがあります。海を無味乾燥で航海した時代にどんなことでもやれます。

「航行夫人」は現在の認識したラブドールの形とあまり似てませんが、一番重要なことのは、航海夫人がラブドールの最初の起源であり、現代リアルドールと比べて、機能また使用者の需要は完全に一致でした。これがラブドールの発展の歴史において創始的な段階であり、その後にどんな進んでいるリアルドールが発明されても、航海夫人は先駆としての重要性を軽視ことはできません。

ラブドール完全体の登場

完全形式のラブドールは19世紀から20世紀の間に、フランスの雑誌「この時代の性生活」に記載されて、ゴムとプラスチックを原料で作ったドールは、非常に精密でした、そして、ある程度のセックス動作ができます、この時期のドールは航海夫人から進化すること、まるで胚胎から人間の形に成長していったようです。じゃ、人間の形になると、色んな器官という細かい要素を取り組むべきでしょう、なので、もう一つのフランスの文章「パリの混乱」には、手作りのドールの外観が詳しく記載されています。これらの無生命の製品はどのように生き生きとしているかをはっきり説明し、そして、当時のラブドールは今の人々に広く認知されているソフトビニール類であります。内部の精密度は、前述の破布、皮革、ゴム、プラスチックなど製造したドールよりすごく進んでいました。これらの細部は頭や体の毛、歯、爪、目、舌、そして皮膚の着色、静脈などの細部はすべて備えています。ラブドールのあるべき基礎的な部品を全部増加し、完全体として現代ラブドールの基礎をしっかりしていました。

これまでのラブドール文化は、人間の成長段階のように、胚胎から人類まで進んでいたが、当時の社会で公開の席に現れませんでした。つまり、ただのドール自身の発展するだけで、まだ社会環境に出ていません状況になります。次の文章は、ある男がラブドール文化を社会の群衆に大公開になり、この文化が徹底的に新段階を進んで行くようになりました。

 

Share this post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

添付写真の最大容量: 50 MB. image, otherの写真添付可能.. レビュー内容のYouTube、Facebook、Twitter などのリンクは自動的に変えます。 Drop file here