ラブドールのメイクの方法【化粧の作り方】

ラブドールを購入してしばらく経過したけれども、ちょっと表情に飽きてしまった、購入したけれども、画像の感じと実物がちょっとイメージと違ったことはありませんか?このような場合、メイクすることで見た目の印象を変えられます。メイクする際の注意点などについて、以下にまとめました。

1.人間のメイクとは異なる

男性の場合、メイクするといっても普段からやっている人は少ないでしょう。このため、女性誌などのメイクの方法を参考にする方もいるかもしれません。しかし人間のメイクの方法をそのままラブドールに用いても不自然な感じに仕上がります。なぜなら人間とドールには決定的な違いがあるからです。それは人間は喜怒哀楽によって表情がいくらでも変化します。ところがラブドールの場合、表情は全く動きません。このため、人間と同じやり方で化粧させるとそれだけの表情になってしまって、どうしても違和感が出てくるわけです。

・人間味を出す楽しみも
人間のメイクの仕方とは逆のことをすることで、リアリティを出すテクニックもあります。例えば普通の女性はファンデーションやコンシーラーなどを使って目の下のクマや毛穴の広がりなどを隠すのが一般的です。しかしラブドールの場合、クマや毛穴を作ることでより生身の女性の質感を出せます。人間の地肌に質感だけでなく見た目も近づけたければ、時として普通のメイクのセオリーからはみ出したほうがいい場合もあります。

2.基本的なメイクの手順を紹介

以下ではラブドールにメイクする場合の一般的な流れについて詳しく解説します。メイクしたくてもどうすればいいかわからなければ、以下の手順を参考にしてみましょう。

・まずはアイメイクから
メイクをする際には、目元から始めるといいです。アイラインを描き、目元を強調させます。基本は上半分を薄めの茶色、下半分を薄いピンクにするとしっくりくるはずです。アイブロワを用いるとスムーズに作業できます。最後に目じりの部分に黒などの深めの色のアイシャドウを使って描きます。こうすることで、目力を高められます。目をパッチリさせたければ、まつげをつけるのもおすすめです。繰り返し使用していると粘着力が低下します。そこでアイライナーを使って粘性を高めましょう。

・眉毛を描く
アイメイクが完成したら、今度は眉毛を描きましょう。眉毛は人によって好みがありますし、ラブドールが清楚系かギャル系かでも作り方は変わってきます。しかしナチュラルメイクを希望するなら、濃い茶色のアイシャドウを使って描くといいです。現在のトレンドは少し太めに眉毛を描きます。昔のギャルが良ければ、細眉にすると感じが出ます。

・口紅を塗って仕上げる
最後に口紅を塗って、メイクの仕上げに取り掛かりましょう。口紅を塗る際には大小2種類の化粧ブラシを用意しましょう。まずは小さな化粧ブラシを使って紅を唇にそっと付けます。その上で大きな化粧ブラシを使って唇全体に広げていきましょう。もし頬を少し赤らめた感じにしたければ、チークを塗ってみるのもおすすめです。チークを使用するのであれば、軽めに塗るのがコツです。多めに塗ってしまうと頬のところがはっきりと変色して不自然な仕上がりになってしまうので注意しましょう。

3.まとめ

人間同様、ラブドールもメイクすることで見た目の印象が大きく変わります。メイクのやり方は人によって好き嫌いがありますので、いろいろと試行錯誤して自分好みの仕上がりを探しましょう。メイクのやり方については、動画サイトなどでも紹介されています。メイクの流れを線で見ることで、マスターもしやすいはずです。メイクのやり方で幼くも大人っぽくもできますし、清楚なお嬢様にもギャル系の小悪魔的な仕上がりにもできます。その日の気分でスタイルを変えてみるのもおすすめです。

この記事をシェアする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です