ブログ

ラブドールの清掃・お手入れ方法ーーメンテナンス全般ガイド

お手入れの方法に関して、多くの方々からお電話やメールなどで質問をいただきます。
どのように、ラブドールをきれいにすれば良いでしょうか?
多くの方々が、最愛のラブドールに多額のお金と貴重な時間を費やしています。

そんなラブドール達には、愛情のこもったお手入れをきちんとしてあげるべきです。
でも、どうしたら良いのかが分からなくなってしまい、考え込んでしまうことがあります。自身で購入したラブドールのこの美しさや可愛さをどうしたら永く保持し続けられるのか?ということは問題です。

ラブドール愛好家の中には、メイクラブした後すぐにデリケートゾーンを含めて全身を清掃する癖のある人が案外います。注意したいのは、ラブドールのお手入れは、やればやるほど劣化が避けられないということです。特にゴシゴシと手荒に洗う作業を行ってしまうと、シリコンやTPE(エラストマー)で出来上がっているラブドールの場合、人間の皮膚のような感触が劣化してしまう危険性があります。ザラついたり、逆に粘りが出てしまったりすることになります。せっかく自分一人の彼女を手に入れたにもかかわらず、次第に「老化」していくなんてことが無いようにしたいものです。人間の場合ですと、美しさを保つのは、その女性個人の責任ですが、ラブドールの場合は持ち主の貴方の責任になります。もし、ちゃんときれいに適切な方法でケアしてあげれば、半永久的にその美しさや可愛さを保ち続けることが出来る彼女なのです。
そこで、ここではラブドールをきれいにする方法についてご紹介したいと思います。ここで紹介する方法をとることで、貴方のラブドールが1日でも永く、清潔でしかもその美しさを持続できるようになります。

お手入れ、きれいにする頻度?

最初は工場の残留物を取り除くため、使用する前に、ラブドールを洗浄してください。

ほこり付きやすいところで保管されているドールは、毎月1度洗う必要があります。

一般的なメンテナンス(使用方法によって異なります)なら、TPE人形は、最大3〜4回/年の油を塗ることをお勧めします。オイルを塗りすぎないように注意しましょう。必要に応じて、非常に少量のワセリン/ワセリンゼリーを、膝、鼠蹊部、オマンコ付近などの摩耗の多い部位に塗布しましょう。
洗浄はメイクラブした後に発射したインサイド(膣内)を綺麗にしておくこと以外は、頻繁に行う必要がありません。ただ、2週間~4週間おきには行う必要がありますので注意してください。

お手入れの目的は2つあります。
① 清潔・衛生のため
② 長く・健康を保つため

全身お手入れの頻度は、おおむね2週間~4週間に1回のお手入れで大丈夫です。
これは、衛生環境とラブドールの健康を長く保つためには欠かせません。
よく間違いを犯してしまう点ですが、お客様の多くが衛生面にとても敏感のため、ご使用するたびに彼女をきれいに掃除してしまうことです。
ですが、頻繁すぎるお手入れは逆に、彼女のお肌をより早く劣化させます。

・ホールはその都度洗い

ボディは使用後何度かに一度のペースでも構いませんが、ホールは使うたびに洗浄するように心がけましょう。ホールを洗う際には殺菌作用のあるハンドソープを使用するのがおすすめです。まず泡立てネットや手で泡立ててからホールにのせ、丹念に洗います。そしてぬるま湯を使ってきれいにすすぎます。その後きれいに乾かしましょう。この時ドライヤーを使用すると乾燥までに時間を短縮化できます。しかし温風ではなく、冷風を当てるように注意してください。脱着式膣のラブドールはもっと洗いやすいです。オナホールを取り出して、石鹸水を入れてちゃんと隅々まで洗ったら、蛇口の下で洗い流します。

ボディは頻繁に洗わないで!

メイクラブした後に発射したスペルマをインサイドから取り除いたら、その時にはそれだけでOKです。身体全体を拭いたり、顔を洗ったりする必要はありません。きれいにしておく目的としては、清潔なメイクラブと感染症などの病気が発生しないようにするための衛生上の目的があります。よほどダーティーなメイクラブをしない限りは、洗うということは不要です。そういう意味ではランクチンですね。メイクラブの後にラブドールのケアを行うのは、少々疲れて面倒なものです。そのため、メイクラブの時ときれいにすることはタイミング的に分けたほうが良いと思われます。このことは個人差があるので、いつするかについてはお任せします。
お肌の寿命が短くなって、思ったより早く肌が荒れて、アカギレする可能性がありますので、ご注意をしてください。

お手入れ道具

下記リストにある、お手入れ道具を使って彼女をきれいにすることをお勧めします。
これらのツールは、あなたが彼女にできうる最高のいたわりを彼女に与えます。

・水
・抗菌石鹸
・ベイビーパウダー
・柔らかめのスポンジ
・切ったスポンジ
・ふわふわしたタオル(乾燥用)
・ピンセット
・丈夫なペーパータオル・ペーパータオル

お手入れ用の道具は、ご家庭にある簡単な道具で準備できます。特殊なものと言えば「抗菌性の石鹸」と「スポンジ」ぐらいでしょうか。いずれもラブドール専用として置いておけば長く使用できるようになります。その他の道具を以下にご紹介します。
・スポンジ
食器洗いなどに使う柔らかめのスポンジで身体全体を清拭するための「大」と局所を清拭するための小さめにしたスポンジ「小」を用意します。「小」スポンジは「大」スポンジを千切って小さくしたものでも良いです。ただし、あまり小さすぎると清拭できなくなりますので注意してください。
・ベビーパウダー
いわゆる「テンカフン」です。清拭後に軽く皮膚の上に塗布すると、皮膚表面がスベスベになり、良い香りに包まれて、次回使用することが出来ます。また、皮膚表面の保護にも役立ちますので是非使用ください。
・ピンセット
一般的な独身家庭でピンセットはないと思いますが、救急箱に付属したモノでもOKです。もし無ければ、ピンセットに代えて「塗り箸」でも良いです。しかも先端が尖っていない物があればより良いです。間違っても「割り箸」は使用しないでください。インサイド(膣壁)がささくれ立ってしまいます。
・バスタオル・ペーパータオル
全身を洗ってあげた後に水分を拭き取るためのものです。また、ペーパータオルは膣内に残ったスペルマをきれいに取り除くために使用するものです。なぜペーパータオルかと言えば、タオルでは、完全に拭き取ることが出来なく、ティッシュペーパーでは、中にティッシュの切れ端ゴミが残る可能性があり、次回使用時に不衛生であったりするためです。

洗浄する方法は?

では、いよいよ道具が揃ったなら、お手入れを行います。以下順にその方法をご紹介しましょう。

1.彼女の衣服を脱がせ全身裸にします。メイクなどはそのままでも結構です。

2.まとめて全身を洗いたい場合には、シャワーか浴槽で、抗菌石鹸をつけて全身洗います。お肌の保護のためにも、力を強くかけないで優しく洗ってあげます。

3.この時、注意したいのが頭部の問題です。頭部を取り外して洗うことがベストですが、なかなか好きな彼女の頭部を外すことが出来ないという人もいます。そういう人は、必ず、頭部と身体部分の接合面に水分が入らないようにしてください。サビや痛みの原因になります。

4.全身を優しくスポンジ大で抗菌石鹸をつけながら洗ってあげます。

5.特に膣部分は、スポンジ小でピンセットなどを用いて内部をゆっくり確実に洗浄しましょう。詳しくはしたのデリケートな箇所の掃除方法?を参照

6.水洗いが終われば、バスタオルでこれもトントンと叩くようにゆっくり水分を拭き取ってあげましょう。

7.たいていの水滴・水気が取り除けましたら、1時間ほど放置プレーをしてあげます。決して、ドライヤーやストーブの熱を使って乾かすことは厳禁です。火傷します。必ずバスタオルで水分を拭き取った後は、日陰干し程度にしておいてください。

8.完全に乾くまで自然乾燥をして、乾いた後はベビーパウダーをふりかけて優しく伸ばします。素敵な香りをまとって、お肌のベトツキを防いでさらさらなお肌になります。シリコン製のラブドールは静電気が起こりやすいため、そのままにしているとほこりを惹きつけてしまいます。またベビーパウダーを貼り付けることで、衣服の着替えを行う際に摩擦も軽減できます。摩擦が頻繁に起こると肌が裂けてしまうこともあります。

9.顔はメイクを変えたい場合水洗いで落としてください。アルコールやクレンジングは使用しないでください。顔が溶けちゃいます。顔のメイクは、ご自身の好きなメイクで試してみるのも違った彼女を発見できるかもしれません。

以上はこちらのプロセスは、自分自身の体を洗うときとよく似ています。
ラブドールをシャワーで洗うか、浴槽につかるかをご選択いただきます。

・起立の姿勢で洗浄

住宅の広さにもよりますが、一般的な部屋であれば風呂場はさほど広くないはずです。このため、もしラブドールを横にしてしまうと結構大きさもあるので移動するのがおっくうになってしまいます。スムーズに浴室内を移動するためにも、体を洗うときには起立の態勢で行うのがおすすめです。両手や両足を閉じた状態にすると、空きスペースが少しでも広がるので移動もしやすいです。またいったんお風呂に入れたら、できるだけ動かさないようにするのもポイントです。下手に態勢を変えようとするとシャンプーやボディソープなどをなぎ倒してしまい、後片付けが大変だからです。

・関節部分は入念に

パウダーをつける際には、まんべんなく粉が付着していればそれで問題ありません。多少塗り残しがあったとしても、深刻な問題にはなりません。神経質になる必要はないですが、関節部は入念に塗り込んでおいた方がいいです。関節のような可動部分は、肌同士が接触します。繰り返し動かすと摩擦によって、裂傷の起こる恐れもあるわけです。パウダーは普段私たちが使っているような市販のもので構いません。
ラブドールの劣化は、普段のメンテナンスによって遅らせることができます。また自分の肌に触れるものですから、不潔だと自分だけが使っていても気持ち悪いでしょう。そこでこまめに洗って、きれいな状態を保ちましょう。また肌同士がこすれあうことで劣化が進みます。その対策として、ベビーパウダーを使用することも覚えておくといいでしょう。

デリケートな箇所の掃除方法?

ラブドールのお口、おまんこ、アナルの清掃はさまざまな方法で行えます。
お風呂やシャワー、もしくは彼女を寝かせた状態で行います。
私がご提案する方法は、お風呂、もしくはシャワーが終わってから横に寝かせて、以下の手順で行います。

1.ピンセットで小さく切り取ったスポンジを1つ掴みます。そのスポンジは、温かいお水と抗菌石鹸で浸してコーティングします。

2.スポンジをおマンコ、またはアナルに挿入して、ピンセットを使って優しく移動し、きれいにします。

3.スポンジを取り外して、温かいお水できれいにします。
汚れの具合によっては、手順1と2を繰り返します。

4.もうこの段階で、膣と肛門のなかの細菌は除去され、クリーンな状態になります。

5.ピンセットを再び使用して、乾いたスポンジをつかみ、マンコとアナルに挿入して水気の大部分を取り除きます。

6.ペーパータオルをペンチ先端の周りに巻いて、秘部に再びやさしく出し入れします。そしてほぼ完璧に乾かします。

7.最後に、膣と肛門の外側にベイビーパウダーを使用します。

これで、ラブドールのデリケートな箇所は清潔・クリーンになります。お口も上記の手順とおなじです。こちらの掃除はもっと簡単です。

脱着式のオマンコはもっと簡単に掃除できます。オナホールを取り出して裏返して、洗剤で洗えばいいです。取り出すときは心配しすぎて大きな力入れられないホともいます。実はTPE素材はあなたが思った以上に丈夫です!工場からのチュートリアルを見てみましょう

・お顔の洗顔方法

お顔を洗う際ですが、体から頭部をはずし、ウィッグを取り外します(可能な場合)。
温水と石鹸で馴染ませたスポンジを使用して、優しくポンポンと軽くたたきます。
ご注意点ですが、頭部を水中に沈めないことがとても重要です。また、メイクアップは半永久で、ミネラルオイルで色褪せるか完全に落ちる可能性があるため、過度の洗浄やこすりを避けるようにお願いします。
また、瞳とまつ毛が濡れないように注意を払ってください。
お掃除のあと、乾いたふわふわのタオルで顔を軽くたたいて水分のほとんどを取り除きます。
約1時間ほど放置プレーをして自然乾燥します。

・爪に注意

ラブドールのお手入れをする際に、爪剥がれがしばしば起こります。例えばバスマットに運んだ際に、縁に足を引っかけてはがれる場合があります。また入浴後バスタオルで拭いているときに爪をひっかけてしまうケースもあります。爪には注意して、洗ったり拭いたりするのがおすすめです。はがれてしまった場合には、ゴム用の接着剤で固定すれば大丈夫です。ただし接着力を失わないために油分をしっかり取り除いておきましょう。指先には結構油分が付着しているので、この手間を惜しまないことです。
万が一爪が剥がれたらどうします?
不注意に爪が剥がれたらどうしましょう?それも心配せずに、以下の手順に従ってやればそんなに難しいことではないです!簡単な接着剤とピンセットで5分以内に完成!それでは爪の装着方法を見てみましょう。
・ラブドールをまっすぐ座らせて準備しましょう。
・抜けた(緩めた)爪を指に合わせて、爪の位置を確認します。
・爪の位置が確認できたら、指の爪の部分に薄く均一に接着剤を塗ります。汚れやホコリがないよう注意してください。接着剤を塗りすぎないでください。外側にはみ出して汚れつきやすくなります。
・爪を正しく合わせたら、慎重に貼り付けて、5秒間押し続けます。
・接着剤がはみ出した場合は、マイクロファイバーの雑巾と暖かい石鹸水ですぐに接着剤を取り除きましょう。
・指の爪を外すときは、ピンセットを使用して、爪をゆっくり手前に引きましょう(損傷を避けるために穏やかな動きで)。

危険なことリスト

お掃除をするときは、以下の手順に十分ご注意をしてください。
これはお気に入りのラブドールの寿命を延ばすために非常に重要なことです。
・シリコン、TPEスキンに反応する洗浄剤を使用しない。強力な化学薬品や溶剤で拭かないで下さい
・感染症や細菌の増殖を防ぐためにデリケートゾーンは頻繁に清掃してください
・お肌に傷が付かないように鋭利なものを使用しない。
・頭部や首を水に浸さない。
・きれいに清掃したり、乾燥させる際に、お肌に強い圧力をかけない。
・ヘアドライヤーを使用して乾かさない。ほぼ間違いなく悪影響が生じます。
・シャワーを浴びせる時には温度を40度以下にして下さい。

・ラブドールを使用する際の注意点

基本的な事から順番にご紹介していきます。

1.使用前には必ず手を洗う事
手は意外と雑菌が多いですので、デリケートな部分の接触を含むラブドールを使用前には必ず手を洗って下さい。

2.潤滑油は水ベースが理想的
潤滑油やローションを使用して愛し合うかと思いますが、水ベースの製品の使用をおすすめします。他のベースですとラブドールの素材を痛める危険があります。

3.ポージングをさせる際には優しく
リアルなラブドールは様々なポージングをさせることができますが、激しく動かさないで下さい。 優しく愛でながら好みのポージングをさせてあげて下さい。
この時に可動域の制限(限界)を見極めることで、より良いナイトライフを実現する事が出来ます。

4.一緒にお風呂に入る場合には背骨に水が入らないようにする
一緒にシャワーやお風呂に入る場合は、骨格に水は入らないように保護して下さい。

5.長時間の直射日光はさけて下さい
表面の素材の劣化が早まりますので、特に保管時の直射日光は避けるようにして下さい。

6.愛し合う時には鋭利な部分は当たらないようにして下さい
ラブドールの肌は女性と同じでデリケートです。ジャケットのジッパーや指輪など先の尖ったものが皮膚にあたると傷ついてしまいます。女性同様に優しく愛でてあげて下さい。

7.アルコールが含まれているため、香水は使用しないでください。
もしどうしても香水を使いたい場合は、まずウィッグ/服に香水をスプレーして、ラブドールに着用させてください。香りを増やしたい場合、シナモンパウダーを使ってもいいです。

ウィッグのお手入れ

ウィッグのお手入れ方法はとても簡単です。以下のモノが必要です。

・マイルドシャンプー(いい香りのシャンプーをチョイスしてください!)
・マイルドコンディショナー
・くし

かつらは、常に洗浄する前に取り外してください。最初に毛先からブラッシングしましょう。髪が長い場合は、洗面器で洗うのが便利です。シンクに水を入れて、100円玉の大きさのシャンプーを出し、かつら用の「ミニバブルバス」を作成します。硫酸塩フリーのシャンプーがお勧めです。洗うときは必ず冷水を使いましょう。熱でパーマなどのスタイルを失う恐れがあります。
ちゃんとウィッグの各箇所を洗いましたら、シンクの中でゆっくりすすぎ、約5分間浸け置きします。5分後にシンクを排水し,泡を上からやさしく洗い流します。
洗ったウィッグをウィッグスタンドで自然乾燥させてから、すぐにブラッシングしましょう。絶対ラブドールの頭の上で乾かないようにしてください。ラブドールの肌や顔にダメージを与える可能性があります。
乾きましたらよくとかして、スタイリング剤を使用してヘアをスタイリングしないでください。

もっと詳しくウィッグをケアすることについて知りたいなら:「豆知識」ラブドールのウィッグの使用法やケア方法は?

目玉を交換するには?

顔を洗う際には、目玉を一応取り外したい人もいます。また、ラブドールに違う色の瞳を試したときも目玉を外さないといけませんね。以下の手順で目玉の交換をしましょう:
・ラブドールを安全な位置に置きます。
・まつげやメイクに触れずに、コンタクトレンズをつけるように、片手で下まぶたをゆっくり引き伸ばします。
・もう片方の手で、目玉を取り外し、中の綿を取り外します。
・綿を新しい目の裏に装着します。
・外す時と同じく、下まぶたを引っ張ってアイホールに新しい目玉を入れて調整します。

緩いたまつげを再装着するには?

時間が立つにつれて、グルーで貼り付けたまつげは緩める可能性があります。男性のドーラーたちとしてはどうしたらつけまつげをつけるか困りますね。そこで、まつげの付け方を教えていきます:

・ラブドールの顔を上向きにして倒します。
・まつげをドールの目の長さに合わせて、長さを調整し、余った部分をカットします。
・ペーパークリップ、ピン、カクテルスティック、または細い先のある物に少量の接着剤を塗布します。カクテルスティックをお勧めします。
・まつげをそっと引っ張って、まつげの根元ライン(ドールではなく)に接着剤を塗り、少し乾きましょう。粘着性を高めるためです。
・まつげの両端を持ち、接着剤に触れないように、貼り付けたい位置に慎重につけます。5秒間押し続けます。

下のビデオでやり方を模倣しましょう。ただし、普段市販のまつげグルーは直接ブラシで根元部分に付けたほうが無駄にならないし、便利です。工場は毎日何百体のラブドールにまつげを貼っているから、ビデオ中の工業グルーがもっと早いかもしれませんね。

お洋服のクリーニング?

ラブドール達は、みんなオシャレが大好きです。
ですが、お洋服の色がお肌に移りやすいので、色落ちを確認することは大変に重要です。
シリコンとTPE、両方のお肌は、彼女が着用する前に十分に洗わなかった場合、衣服の色がとても移りやすいです。特にTPEのお肌は多孔質で色が移りやすいです。
洋服をきれいにする方法は、通常の洗濯で問題ありませんが、彼女が着用する前に衣服が完全に乾いていることを確認してください。
これは、お洋服だけではなく、彼女に触れるすべてのモノに注意が必要です。
インクなど、お肌を変色させる可能性のあるものは、彼女の周りからなるべく離れたところに置くようにしましょう。

その他洋服上の注意点

1.ラブドールに洋服を着せる場合タイトな服は控える
ラブドールに服を着せてあげる際は、タイトな服を長時間着せないで下さい。ラブドールの肌は女性同様にデリケートですので洋服の跡やシワになってしまいます。
愛し合う際に着させるだけで、普段はゆったりとしたお洋服を着用させて下さい。
2.ラブドールに直接触れる部分は濃い色の服は避ける
ラブドールの肌の素材は色移りがしやすい傾向にあります。濃い色の洋服を長期間着用させると色移りしてしまう危険がありますので、肌との間に1枚余分に着用させるか愛でる前のお洋服として着用させて下さい。

普段のラブドールの保管方法

ラブドールは使い続けると、どうしても徐々に劣化してしまいます。しかし高額な商品ですし愛着も持つでしょうから、長く使い続けたいところです。そこでここではラブドールの寿命を延ばすために、普段のメンテナンスで注意すべきことについてまとめました。
使用しないときにラブドールをどこに置くかも重要なポイントです。ラブドールの劣化を防ぐためには、直射日光の当たらない風通しの良い場所で保管するのが基本です。日光で色あせなどが起きてしまうからです。そのほかには、熱のこもりやすい場所での保存はあまりお勧めできません。涼しく湿気の低いところで保管するのが理想です。
・寝かせての保存が一般的
ラブドールを保管する際には、寝かせるように心がけましょう。関節部分をまっすぐにさせるためです。もし関節部分を曲げた状態で長時間放置すると、肌が破けるなどの破損リスクが高まります。また寝かせる場合には、やわらかいものの上に置くことも大事です。硬いものの上に寝かせると、ある特定の部分に重量の負荷が集中してかかってしまうからです。寝かせるほかには、フックを取り付けて、ハンガーラックに取り付けるのもいいでしょう。この時、ヘッドは外して別に保存するといいです。ヘッドはまつげなどのメイクが取れやすくなるためです。
もっと個人のケースに合わせた保管方法についての紹介はこちら:ラブドールの保管方法は?おすすめ8選!【新手指南】

いかがでしたでしょうか?
お悩みはすべて解決しましたか?
ラブドールのお手入れ・清掃方法についてご質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。
当店スタッフが喜んでお手伝いをさせて頂きます。

ラブドールを隠す方法がいくつかあります。興味があると思います。
セックスドール:ユニークな隠し方 -BEST3-

Share this post

Comments (2)

  • 塚脇隆 Reply

    ラブドールはシャンプーどうしてするんですか?

    2020-08-29 at 23:16
    • Mailovedoll Reply

      塚脇様

      ご質問ありがとうございます!
      Mailovedollでございます。

      大抵のラブドールは清潔好きですので、
      頃合いをみてシャンプーをして頂くことをお勧めしております!
      (いい香りもしますので。)

      ウィッグは、簡単に取り外せますので
      洗面台に水を張っていただいてお湯とお気に入りのシャンプーで洗っていただけます。

      他にもご質問がありましたら、
      お気軽に言ってください。

      Mailovedoll

      2020-09-02 at 10:46

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です