ブログ

リアルラブドールを廃棄する際に気をつけるポイント

充分にリアルラブドールとの生活を楽しみ、諸事情により、リアルラブドールを廃棄せざるをえない人は沢山いると思います。一般ごみでは事件になりそうですし…ラブドールを廃棄するにはどうしたらいいのかわからないですよね?今回は諸事情により、リアルラブドールを廃棄する上で、気をつけるポイントやその方法を説明していきたいと思います。

リアルラブドールを廃棄する際、自分自身のプライバシーを守ることは重要だといえるでしょう。自分自身のプライバシーを守り、適切な方法で廃棄しないと、何らかのトラブルに巻き込まれる可能性があります。トラブルに巻き込まれないようにするためには、どのような廃棄方法があるのでしょうか。ここから方法を見つけることもできます:ラブドールの廃棄方法!プライバシーを守る適切な捨て方とは?

業者による廃棄

リアルラブドールを廃棄する上で、分別解体することにより、手間と時間がかかってしまいます。一般ごみとして廃棄する場合、分類的には粗大ごみになるのですが、一般ごみでの廃棄に抵抗がある人も多いと思います。不法投棄によるトラブルも避けなければなりません。そのような場合は、業者による廃棄をオススメします。

・購入元への里帰り
リアルラブドールの業者による廃棄において、購入元に引き取ってもらう「里帰りサービス」という方法がある場合もあります。今までの愛情も一緒に里帰りしてもらうことができるので、気持ちよく整理することが可能だといえるでしょう。多くの場合は、購入元のホームページ上で引取り方法が記載されていますので、廃棄する際には確認するようにしましょう。

・外部業者への引取り依頼
購入元に問い合わせるの気が引ける人も少なからずいると思います。そのような人には、外部業者への引取り依頼がオススメだといえるでしょう。皆さんご存知の「Amozon」でも、ラブドールの引取りサービスを行なっています。プライバシーも適切に扱った上で、適切に引き取ってくれますので、安心して利用できるといえるでしょう。

リアルラブドールの業者による廃棄において、購入元への里帰りや外部業者への引取りの際、処理料金が異なります。購入先によっては、新規購入であれば、無料という場合もあります。外部業者によっては、リサイクル料金という形で、無料どころか料金をいただける場合もあります。急ぎでリアルラブドールの廃棄をする必要がなければ、処理料金についても検討してみてはいかがでしょうか。

自分自身で廃棄

自分自身でリアルラブドールを廃棄する場合、プライバシーを守ることが最も重要になります。自分の利用した痕跡を消すために、洗浄や消毒作業は念入りに行なうことをオススメします。自分で廃棄する場合、近場で処理することが多くなるため、自分の痕跡が残っていると周りにバレてしまう恐れがあるためです。自分自身で廃棄する方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

・大型ごみとしての持ち込み
リアルラブドールに使われている素材によっては、通常の一般ごみと一緒に廃棄できない場合もあるので、各自治体のルールを確認するようにしましょう。自治体のルール上、ラブドールのままでは持込み不可の場合も多いので、芯材と外側の廃材に分別して、指定の袋に入れてください。自分で廃棄する場合は、各自治体のルールを確認し、ラブドールの解体作業が必要になります。解体作業は道徳上、人目につかないところで行なうようにしてくださいね。また解体作業は重労働で、手間と時間もかかるので、大変な作業になってしまいます。

・ネットオークションによる譲渡
厳密にいえば、廃棄ではありませんが、ネットオークションを利用して廃棄する方法もあります。この方法において、最も注意すべき点は清掃と消毒になるでしょう。リアルラブドールの譲渡先に、自分自身の痕跡を残すわけにはいきません。清掃はもちろんですが、消毒が不十分なことにより、新しい利用者が感染症にかかってしまいトラブルの原因にもなってしまいます。できるだけ個人間の取引は控え、専門業者との取引で処理してもらう方が望ましいといえるでしょう。

リアルラブドールを廃棄する上で、業者に依頼するか、自分自身で廃棄するの2択になると思います。リアルラブドールとの今までの思い出や愛情を大切にしつつ、各自治体のルールを守り、適切な方法で廃棄するようにしてくださいね。

Share this post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です