ブログ

ラブドールとは?男性の間で安定した人気!

アダルトグッズの中のひとつに、ラブドールのあることはなんとなく知っているという人も多いでしょう。セックスするための人形だけれども、詳しいことはよくわからないという人もいるかもしれません。そこでここでは、ラブドールとは何ぞやという部分を中心に紹介します。

1.ラブドールとは

ラブドールとは、本物の女性に近い姿かたちをした人形のことです。ラブドールを使って、男性が疑似的にセックスを楽しみます。用途はほかにもあって、写真撮影のモデルとして、疑似デートをするために一緒に出かけるために購入する方も見られます。女性用の実物の男性に近いラブドールも販売されています。しかし一般的にラブドールと言えば、女性の姿かたちに近い男性用のものを指すと思っていいでしょう。

・ダッチワイフとの違い

セックス用の人形と言われると、ダッチワイフをイメージする人も多いでしょう。同じように女性の姿をした人形ではあります。ダッチワイフとラブドールの違いは、素材です。ダッチワイフの場合、ビニール製のものが一般的です。一方ラブドールの場合、シリコンもしくはTPEを使ったものが一般的です。ダッチワイフと比較すると、ラブドールの方がより人間の皮膚の質感に近いです。ラブドールの方が、生身の女性とセックスしている錯覚をより強く味わえるでしょう。

ダッチワイフの場合、空気を入れて膨らませて使用するのが一般的です。しかしラブドールの場合、空気を入れる必要はないです。また骨格部分には金属を使っていて耐久性に優れています。さらに関節もあるのでいろいろな格好をすることも可能です。体位を変えながらセックスできるのも違いです。

2.ラブドールの使い方

ラブドールが自宅にあると、いろいろな楽しみ方ができます。購入した人によってまちまちですが、ここでは多くのユーザーが実践している主要な使い道について解説します。

・セックス

ラブドールの使い方で代表的な用途と言えます。自分の理想の顔立ち、スタイルの女性とセックスできるのでマスターベーションよりも強い興奮を味わえるでしょう。ラブドールのラインナップは、いまでは多種多様化しています。人妻など大人の女性からロリータまで、巨乳から貧乳までと多岐にわたるモデルを提供しています。このため、自分の理想の女性とセックスを楽しめます。

セックス以外にもいろいろな楽しみ方ができます。膣以外にも口やアナルなどのも挿れることのできるモデルが多いです。オーラルセックスやアナルセックスも楽しめます。本物の女性相手にアナルセックスをするのはなかなかハードルが高いでしょう。しかしラブドール相手であれば、自分の欲望を満たせます。

・コスプレ

ラブドールの使い方でメジャーなのはコスプレです。ラブドールにはいろいろな衣装を着せられます。実際メーカーでは、人形に着用させるコスチュームを販売しているところも多いです。自分の好きな格好をさせて眺めたり、写真に収めたりできます。アニメのコスプレなどもお手の物です。ラブドールはボンキュッボンなど、理想的なスタイルをしたモデルが多いです。よって生身の人間よりもコスプレが映えます。

・撮影

写真撮影するためにラブドールを購入する人も少なからず見られます。個人的な目的で購入すれば、自宅がいつでも好きな時に撮影会場に変身します。そのほかにはビジネスユースで使用している人もいます。最近では個人でネットショップを運営している人も少なくありません。例えば自作の洋服やアクセサリーを自身のサイトで画像アップする際に、撮影モデルとしてラブドールを使用するケースも見られます。マネキン代わりというわけです。ラブドールは男性だけでなく、女性で購入する人も見られます。女性の場合、このような商用目的で買い求めるケースが多いです。

・添い寝

女性と添い寝したいけれども、彼女がいない人がラブドールを購入するケースも見られます。一人暮らしをしていると、ひと肌恋しくなることもあるはずです。このような悩みはなかなか知人や家族にも打ち明けられないでしょう。得も言われぬ心の隙間を埋めるためにラブドールを活用する事例も結構あります。

・コレクションとして

ラブドールを1体だけでなく、複数所有している人もいます。いろいろなタイプのモデルを購入して、一種のコレクションをするためです。ラブドールは理想の顔・体型をしているので、見ているだけでも十分楽しめるという方もいます。等身大のほかにも100cmを切るようなミニラブドールも販売されています。ミニであれば、複数コレクションしても部屋の中を圧迫するような心配もないでしょう。

3.ラブドールの素材について

ラブドールの種類は、素材別で大きく2種類に分類できます。それはシリコン製とTPE製です。それぞれ異なる特徴がありますので、以下で詳しく見ていきます。

・シリコン製

シリコン製のラブドールは三重構造になっているものが多いです。皮膚のシリコン、ウレタンや繊維強化プラスチックの中子、金属製の骨格です。シリコンは比重が高いため、すべてで使用するとかなりの重量感が出てしまいます。どこか移動させるのも大変になってしまうので、軽量化を図るために中子を使ったモデルが多いです。シリコンは弾力があるので、関節を曲げてもそのままだとすぐに元に戻ってしまいます。そこで金属製の骨格を内蔵させ、さまざまなポージングに柔軟に対応しています。

シリコン製の特色は、リアリティです。本物の女性に近い表情をしたモデルが多いです。タイプも豊富でロリ系方清楚系、ギャル系など幅広いです。頭部のほかにも胴体や腕、足などのパーツを簡単に着脱できます。自分の好みを組み合わせることで、理想の女性に近いラブドールを取り寄せられます。

シリコン製の場合、摩擦に対する強度はかなり優れています。一方で引き裂きの強度はもろいです。このため、膣と肛門を両方作ると使用時に避ける恐れがあるので肛門を設定していないものがほとんどです。また口も大きく開けさせると裂ける恐れがあるので、オーラルセックスをするのは少し難しいかもしれません。ただし素材の改良も進んでいて、問題点は改善されつつあります。

・TPE製

TPEとは、熱可塑性エラストマーと呼ばれる医療の現場でも使用されている素材です。新素材でまだラブドールで使用されている割合は少ないですが、今後シェアもどんどん増えてくる可能性は大いにあります。というのもシリコンと比較して安価で製造できるからです。しかも品質的に見ても、シリコンよりも優れている部分があります。特に柔らかさの部分では秀でたものがあります。プルプルした触感で、実際の女性の肌に触っているのと近い感覚を味わえます。特にセックスしているときのおっぱいの揺れ方のリアルな感じは、ユーザーの間でも高く評価されています。腰を動かすたびにプルンプルン動くさまは本当の女性とセックスしているかのような感覚です。

ただしTPE製の場合、耐久性に難があるかもしれないので注意しましょう。ちょっとしたことですぐに傷ついてしまう恐れがあります。持ち運びの際、壁や柱にぶつけると損傷が目立つ恐れがありますから取り扱いには注意したほうがいいです。

More: シリコン製ラブドールとTPEドールの比較について!それぞれの素材について解説

TPE素材ラブドールのメリット・デメリット

4.初めての人のラブドールの選び方ガイド

これから初めてラブドールを購入する人からすると、どこに注意して探せばいいのかという問題もあるでしょう。もちろん自分のタイプで絞り込めばいいのですが、そのほかにも押さえておきたいポイントについて以下にまとめました。

・サイズ

ラブドールには一般成人女性の背の高さのものから小学生くらいの身長のものまで、さまざまなサイズがラインナップされています。もしそれほど部屋が広くなく、実物大のドールを置くのは無理があれば、ミニサイズの物から選ぶといいです。100cmを着るようなドールもありますが、ロリ系だけでなくセクシー系のものも販売されているのでどのような方でも満足できるでしょう。

・体型

体型もモデルによっていろいろです。肉付きなどもさまざまです。モデルのようなスレンダーな体型をしているものもあれば、出るところは出ているようなボンキュッボンのようなタイプもたくさん提供されています。またぽっちゃり系の人形も出ています。女性の脂肪の柔らかいところが好きという男性もいるでしょうが、そのニーズを満たせるようなモデルも売りに出されています。胸も巨乳から貧乳まで、色とりどりなので自分の好みのタイプをイメージしてから検索にかけてみると商品選びもはかどるでしょう。

・肌の色

現在販売されているモデルを見ると、肌の色もそれぞれです。美白タイプから小麦色の肌で日焼けした人形もあります。清楚からギャルまで、どんな好みにも対応しています。また日本人だけでなく、外人をモチーフにした人形も多数出ています。外人好みの方は、現実世界ではなかなか出会いも少ないでしょう。日本国内在住であれば、なおさらです。しかしラブドールであれば、外国人女性との疑似恋愛を気軽に楽しめるわけです。

肌の色だけでなく、ほかのパーツでもいろいろな選択肢が用意されています。髪の毛の色や瞳の色も数種類ラインナップされています。さらには乳首の色についても数種類用意されている場合もあるほどです。とことん体型にこだわりたい人でも、理想の女性にカスタマイズできるでしょう。

・機能性

現在販売されているラブドールの中には、多機能性のものも出てきています。まずは膣のタイプです。セックスが主目的の場合にはどんな膣になっているか、チェックしておいたほうがいいです。膣は一体型と着脱式の2種類があります。一体タイプの場合、そのまますぐにセックスできるのが魅力です。着脱タイプの場合、取り外しができます。つまり何度かセックスした後で膣の部分を取り外して、きれいに洗浄できます。衛生面を重視するのであれば、着脱タイプのものを選ぶといいです。また中にはTENGAのような「これが好み!」というものもあるかもしれません。こだわりがあれば、それを収納できるモデルかどうかもチェックしておいたほうがいいでしょう。

そのほかにもモデルによっては、ほかにも便利な機能の搭載されているものもあります。例えば温もり機能です。温もり機能とは、人間の体温に近い温度をキープできる機能のことです。セックスしたり添い寝したりするときに温もり機能をオンにすれば、本当に女性を抱いているような錯覚を味わえます。またスタンディング機能を搭載しているモデルも販売されています。スタンディング機能とは、自立できるのが特徴です。従来のラブドールの場合、立たせるためには柱や壁などどこかにもたれかからせる必要がありました。しかし自立できれば、そのような必要もなくなります。写真撮影を主目的でラブドールを購入する際には、スタンディング機能が付いているかどうか確認しておきましょう。

これらの機能の中には、オプションで付ける形のものも見られます。オプションの中には無料のものも有料のものもあります。オプションをつけた場合、どれくらいの金額になるか、前もって見積もりを取っておくといいでしょう。

・値段をチェックする

ラブドールはだいたい10万円を超える価格のものが多いです。結構な値段がするので、予算を決めてその枠内に収まるかどうかという視点で探したほうがいいです。もしそれなりのレベルの品質でリーズナブルな価格のものを買い求めるのであれば、TPE製のものの中から探すのがおすすめです。シリコン製と比較して、安価で販売されているモデルが多いからです。しかもTPE製のものは肌の触感は実物の女性と比較してもそん色ない仕上がりです。満足度も高いでしょう。

5.まとめ

一昔前のダッチワイフというと、本物の女性からは程遠く、見た目もチープなものが多い印象があったかもしれません。しかしラブドールは値の張る半面、本物の女性と比較しても決して引けを取らないような精緻なつくりになっています。彼女が欲しいと思っていても、なかなか女性に恵まれないという男性も少なくありません。一人でいるのが寂しい、ひと肌が恋しいと思っているのであれば、ラブドールを購入して心の隙間を埋めるのも一考です。カスタマイズできるメーカーも多いので、女性の特定の部分にこだわりのある人でも理想に近い人形を手に入れられるかもしれません。

Share this post

Comments (2)

  • 川村博徳 Reply

    うーん僕には手が届かいですよ。はっきりお金が無いから持ってる人羨ましいです。こんなに美しいラブドール有るとは素晴らしです。

    2020-07-15 at 22:07
    • Mailovedoll Reply

      川村様

      このたびは、貴重なコメントを頂戴いたしまして
      誠にありがとうございました。

      仰るとおり、ラブドールの価格帯はまだまだ高価な商品が多いですが、
      よりお手軽にお試しいただけますように、よりお手頃の商品を増やせますように努力をして参ります。

      身長が低い子でしたり、半身トルソー型の商品も拡充できますように努めますので、
      また貴重なご意見を頂けましたら幸いでございます。

      このたびは、当店ショップをご覧いただきまして
      誠にありがとうございました。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

      Mailovedoll

      2020-07-16 at 12:34

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です